スポンサーリンク

「ヒアリング」と「リスニング」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ヒアリング」と「リスニング」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ヒアリング」「リスニング」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ヒアリング」とは?

「ヒアリング」の意味は以下の通りです。

1つ目は元の意味で「無意識で音声を聞くこと」である、特に何も意識せずに耳に入って来る音声を聞くことを言います。

2つ目は上記から転じて「外国語を耳で聞いて理解することや、その練習」という意味で、自然に英語が聞き取れる様になることを言います。

3つ目は更に転じて「公聴会」という意味で、行政機関などで重要な事柄を決定する際、参考として有識者などを招き、公開で意見を聞く集まりのことを言います。

上記に共通するのは「自然に音声を聞く」という意味です。

「ヒアリング」は英語の「hearing」が日本語化した言葉で、「hear」には「聞こえてくる」「耳にする」「意見を聞く」などの意味があります。

「ヒアリング」の使い方

「ヒアリング」「無意識で音声を聞くこと」「外国語を耳で聞いて理解することや、その練習」という意味で使われます。

日本語では名詞として動詞を伴い「ヒアリングする・した」「ヒアリング検査」などと使われます。

基本的に、自然に耳に入って来る音声を聞くことで、漢字の「聞く」が使われることが多くなります。

「リスニング」とは?

「リスニング」の意味は以下の通りです。

1つ目は「意識を集中して音声を聞きとること」という意味で、話し手の存在と内容をしっかりと理解しながら聞くことを言います。

2つ目は「音楽を聴く」という意味で、音楽など言葉以外の音声を自らの意思で聴くことを言います。

上記に共通するのは「自らの意思で聴く」という意味です。

「リスニング」は英語の「listening」が日本語化した言葉で、「listen」「意識して聞く」「耳を傾ける」「音楽を聴く」「耳を貸す」などの意味があります。

「リスニング」の使い方

「リスニング」「意識を集中して音声を聞きとること」「音楽を聴く」という意味で使われます。

日本語では名詞として動詞を伴い「リスニングする・した」「リスニング試験」などと使われたりします。

基本的に、人の言うことや説明に集中して理解しながら聞いたり、音楽を聴くことに使われる言葉です。

「ヒアリング」と「リスニング」の違い

「ヒアリング」「自然に耳に入って来る音声を聞くこと」という意味です。

「リスニング」「人の言うことや説明に集中して理解しながら聞いたり、音楽を聴くこと」という意味です。

「ヒアリング」の例文

・『専門家によるヒアリング会を開くことにした』
・『ヒアリング検査の結果は正常です』
・『英会話はヒアリング力がカギになる』
・『従業員からのヒアリングの結果を業務に生かす』

「リスニング」の例文

・『音楽はリスニングする方が多い』
・『英語のリスニング試験は苦手だ』
・『外国人上司にリスニング力を試された』
・『これからリスニングテストを始めます』

まとめ

今回は「ヒアリング」「リスニング」について紹介しました。

「ヒアリング」「自然に聞こえてくる」「リスニング」「意識して聞く」「音楽を聴く」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典