スポンサーリンク

「ヒョロガリ」とは?意味や使い方など概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ヒョロガリ」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ヒョロガリ」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ヒョロガリ」とは?意味

「ヒョロガリ」とは、「ヒョロヒョロの筋肉がついていない体型で、ガリガリに痩せていていかにも弱々しく見えるさま」を意味しているスラング(俗語)です。

「ヒョロガリ」というのは、「典型的な虚弱体質(ひ弱な人物)に見える体型+筋肉と脂肪がほとんどないガリガリに痩せすぎている体格・肉体」のことを示しているのです。

「ヒョロガリ」の俗語は、「いかにも筋力がなさそうで喧嘩が弱そうな体型、あるいはそういった弱々しさを感じさせる体型をしている人物」といった意味合いを持っています。

「ヒョロガリ」の概要

「ヒョロガリ」というスラング(俗語)は、「ヒョロヒョロ」「ガリガリ」の擬態語(オノマトペ)を組み合わせてつくられたものです。

「ヒョロヒョロ」というのは、「筋肉がついていなくて体つきが極端に細くて弱々しいさま」を意味しています。

「ガリガリ」とは、「脂肪がほとんどついていなくて極端にやせ細っている体型、痩せすぎの貧相な体格」を示唆しています。

「ヒョロガリ」になる原因は大きく、「先天的要因(遺伝的要因)」「環境的要因(食事・運動の要因)」に分けることができます。

「ヒョロガリ」の体型であることは「劣等コンプレックス」になりやすいので、遺伝要因は変えられませんが、環境要因を変えることで改善したほうが良いでしょう。

「ヒョロガリ」の体型を変える具体的方法としては、「炭水化物(糖質)とタンパク質を多めにした食事を摂取する方法」「効果的な筋トレをして筋肉・体格を大きくしていくやり方」があります。

「ヒョロガリ」の言葉の使い方や使われ方

「ヒョロガリ」というスラングは、「体型がヒョロヒョロとしていて弱そうに見えるさま」を指して使われています。

「ヒョロガリ」の表現の使い方は、「筋肉や脂肪がほとんどついていなくてガリガリにやせ細っている肉体」を意味して使うという使い方になります。

例えば、「格闘家になった今の姿からは想像できませんが、子供時代は食が細くてヒョロガリの体つきをしていました」などの文章で使うことができます。

「ヒョロガリ」を使った例文(使用例)

・『小学生の頃からヒョロガリと揶揄される体格がコンプレックスだったので、高校生になってからボディビルの世界に興味を持つようになっていきました。』

・『洋服を着ているときにはヒョロガリにしか見えなかったのですが、服を脱ぐとボクサーのように筋肉が引き締まった肉体で驚かされました。』

・『ヒョロガリな体型をしているだけで舐められやすいのですが、私はいくら多めに食べてもなかなか太ることができない体質のようです。』

まとめ

「ヒョロガリ」というスラングの意味・概要について分かりやすく解説して、使い方・例文を紹介してきましたがいかがでしたか。

「ヒョロガリ」というのは、「ひょろひょろで筋肉がほとんどついていない、ガリガリの弱そうに見える体格」を意味している表現です。

「ヒョロガリ」の言葉について詳しくリサーチしたい人は、この記事の解説をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典