スポンサーリンク

「ビュッフェ」と「バイキング」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ビュッフェ」と「バイキング」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

レストランやホテルで食事をする際、「ビュッフェ」「バイキング」といった言葉を見聞きする事が少なくありません。

しかもこの言葉を、同一の意味として使用する人が珍しくありませんが、実は明確な違いがあるのです。

だからこそ、「ビュッフェ」「バイキング」の言葉の違いを分かりやすく説明します。

スポンサーリンク

「ビュッフェ」とは?

「ビュッフェ」の語源はフランス語であり、棚に並べた様々な料理の中から好きな物を選んで食べるという食事スタイルを示す言葉です。

要はセルフサービス形式で行う食事の事ですが、必ずしも食べ放題という訳ではありません。

「バイキング」とは?

「バイキング」は和製英語であり、一定の料金を支払えば食べ放題になるという食事スタイルの事です。

あくまで国内でだけ通用する呼び方で、海外では食べ放題の事を「バイキング」という言葉で表現しても意味は通じません。

「ビュッフェ」と「バイキング」の違い

「ビュッフェ」「バイキング」の違いを分かりやすく解説すると、食べ放題を意味する言葉として用いられるかどうかです。

具体的には「ビュッフェ」は、セルフサービス形式の食事を示す言葉に過ぎず、食べ放題ではない食事も含みます。

逆に「バイキング」の方は、食べ放題形式の食事を示す言葉として用いられているのです。

更に「ビュッフェ」は元がフランス語なので外国でも通用しますが、「バイキング」は和製英語であるため、国内以外では食べ放題の意味としては通用しません。

まとめ

「ビュッフェ」「バイキング」は同一の意味と捉えられがちですが、違いがあります。

「ビュッフェ」は元々フランス語で、セルフサービス形式の食事を表す言葉です。

「バイキング」は和製英語で、食べ放題形式の食事に使用される言葉となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典