スポンサーリンク

「ファンタジスタ」とは?意味や使い方、分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ファンタジスタ」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ファンタジスタ」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ファンタジスタ」とは?意味

機知・ユーモアに富んだセリフと即興芸の得意な役者や大道芸人を指す意味と、ズバ抜けた才能を持ち、予想を超えるプレーを見せるサッカー選手を指す意味もあります。

どちらも優れていて予想を超えるような成果を見せるという意味合いを持っているため、会社名に使われるケースもいくつか見られます。

フットサルコートにファンタジスタとつけているケースもありますがこれはそのままサッカーのファンタジスタを指していると見ていいでしょう。

「ファンタジスタ」の概要

大道芸人を指す意味合いもあるため、意外性や驚きを見せてくれると言った期待感がある言葉で、サッカーでも単純な技術の高さだけではなく、魅了するようなプレーができることも含まれていると言っていいでしょう。

基本的にはひとりを対象にして使う言葉のため、チームに二人ファンタジスタがいるという使い方が可能で、ファンタジスタが増えて欲しいと言うような言い回しもできます。

サッカーでの意味合いが非常にポジティブなもののため、会社員やチームの花形をファンタジスタと呼ぶケースもあります。

また、過去最高のファンタジスタ、凄いファンタジスタといった意味合いを強調した言い方も可能です。

なお、イタリア語の言葉で、大道芸人という部分にクローズアップすると街の風景などがイメージできることからピザ店の店名に使うケースもあります。

「ファンタジスタ」の言葉の使い方や使われ方

「彼は今後ファンタジスタになりそうな素養がある」「彼女は社内にとってのファンタジスタだ」「あのプレー以降彼はファンタジスタと呼ばれるようになった」「芸の中でファンタジスタと呼ばれるには頭の回転の良さやアドリブも必要だ」などの使い方があります。

ファンタジスタが組織を一気に活性化させる効果があるだけでなく、目標・憧れる存在としての意味合いも持っていると言えるでしょう。

「振り返ってみれば彼はファンタジスタだった」というような過去に対しての使い方、「今後ファンタジスタになるだろう」という未来の使い方もあります。

「ファンタジスタ」の類語や言いかえ

直接的な意味はイコールでは有りませんが近しい意味で、サーカスの花形、スタープレーヤー、トッププレーヤー、ビッグプレイヤー、魅せる人、機転の効く人、英語のPlaymaker等が挙げられます。

かなり意味が平坦になりますが、実力者も言い換えとして使えないことはないでしょう。

演劇の場ではない場での「役者」という言葉は発祥としては近い部分がありますが、ファンタジスタほどの華はないとも言えます。

まとめ

ファンタジスタという言葉はスター性、ヒーロー性の強い言葉で、日本においてはサッカー用語からくるイメージが最も強くなっていますが、あらゆる業界で求められている概念とも言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典