スポンサーリンク

「フィロソフィー」と「コンセプト」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フィロソフィー」と「コンセプト」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「フィロソフィー」「コンセプト」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「フィロソフィー」とは?

「フィロソフィー」は、日本で言う哲学のことで、上り詰めていく結果、如何であるという物です。

つまり、基本となる原則があったと仮定し、その原則に従っていくと最終的にどうなるかが「フィロソフィー」です。

例えば、歯医者さんになることを基本原則とした場合、歯医者さんになることが達成されてからが、「フィロソフィー」で結果的に歯医者さんとなってからただの歯科医で終わるか名医で終わるかはその人の知恵と努力によります。

つまり、「フィロソフィー」は知恵と努力が合わさった結果どうであるかです。

「コンセプト」とは?

「コンセプト」は物事の基礎のことで、基礎があるが故さらなる向上を可能としています。

例えば、人間の基礎的な考え方に、学習するという物があると仮定した場合、学習した結果、どうなるかは、人それぞれですが、学習することでその人物の元となる考え方や知識は増加します。

これが「コンセプト」でコンセプトに学習するという特性があれば、その物は学習することを基礎に何かを得るということです。

「フィロソフィー」と「コンセプト」の違い

「フィロソフィー」「コンセプト」の違いは、基礎から発生した結果であるか、ただの基礎であるかです。

ただの基礎は、「コンセプト」でこれが明確であれば後に基礎から結果が生じ、「フィロソフィー」となります。

逆を言えば、基礎がしっかりしていないと、目標がブレたり、結果もブレてしまい、何を持って成功や失敗であるかもブレてしまうのです。

「フィロソフィー」の例文

・『フィロソフィーは日常では使用しない言葉だ』
この例は、フィロソフィーは、日常においては使用せず、その理由は、フィロソフィーは、単に行動した結果を意味するため、日本語で翻訳した場合意味がおかしくなり、例えば、君の基礎知識から出た結果は、さんざんだという言葉をわざわざフィロソフィーを使うと君の基礎知識から出たフィロソフィーは、さんざんだという意味になり、素直に結果と言えと言われてしまい、場が変になります。

「コンセプト」の例文

・『この車はコンセプトがしっかりしている』
この例は、車の基礎設計がしっかりしているという例です。

「コンセプト」は基礎のことを指すため、この場合は、まだ基礎設計のことを意味するため、周囲も理解してもらえる英単語です。

まとめ

「フィロソフィー」は、哲学の答えみたいなものを意味するが故、無理やり日本語に置き換えた場合、「コンセプト」と比較した場合、意味が遠回しになりその遠回しをさらに翻訳した場合、結果という便利な言葉があるが故、使用において適していません。

何故なら、「フィロソフィー」は、○○という事情がありその結果どうであるかを述べたものを訳したにすぎず、長ったらしいが故日本語との相性が悪くこれはたったの2語の結果という言葉で置き換えることができ、日本語と相性が悪い言葉です。

逆に、「コンセプト」は、基礎という単純な意味で使用できるため、日本語との相性が良く、長ったらしい、意味を持つ「フィロソフィー」より有効活用できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典