スポンサーリンク

「フランク」と「ラフ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フランク」と「ラフ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「フランク」「ラフ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「フランク」とは?

「フランク」は、性格が自然体であることで、気取ることなく、自然体で思ったことをすぐに口にするような性格を意味します。

いわば、率直にものをいう性格を「フランク」と呼びます。

「ラフ」とは?

「ラフ」は、性格が荒々しいことで、「ラフプレー」という言葉はまさに荒々しいプレイ内容であることを警告しているのです。

「ラフ」は、イメージ的には、「フランク」という言葉がポジティブであるに対して、「ラフ」はネガティブな言葉に当たります。

「フランク」と「ラフ」の違い

「フランク」「ラフ」の違いは素直な性格であるか、粗野な性格を指すかです。

その上で、「フランク」はポジティブなイメージ、「ラフ」はネガティブなイメージがあるとします。

「フランク」の例文

・『どうにも彼の言動はフランクすぎる』
この例は、対象となる人物があまりにも度が過ぎて自然体過ぎて自由すぎるという例です。

要は、ビジネスにおいては敬語の他謙譲語に尊敬語など様々な言葉を有するのですが、彼はそれらに当てはまらないお言葉を使用しているということになります。

・『フランクな物の言い方』 この言葉は、自然体な物の言い方で、気取らず自然体で言いたいことを率直に言うという性格を示しています。

なお、「フランク」な性格を好むかどうかについては人それぞれで度が過ぎた場合、実は隠し事をしない人間であるが、言いたいことのみを言う人間だというイメージも付きまとい、「フランク」な性格の人間が敵対した際、ただの厄介者としてしか、見られません。

「ラフ」の例文

・『ラフプレー』
この言葉は、荒々しいプレイのことで販促に当たる行為すれすれで場合によっては警告を受けます。

「ラフ」は、荒々しさを示すので印象はマイナスの印象でしかありません。

・『ゴルフでボールがラフに飛んでしまった』 この例は、ゴルフをしているとボールが手入れをしていない芝に入ったという意味です。

ゴルフ場はすべての芝を手入れしているわけではなく、林のようなエリアもありこの例はそのエリアにボールが飛んだという例になります。

まとめ

「フランク」「ラフ」の違いは、好かれるタイプの性格であるか、マイナスのイメージしかない性格であるかです。

「フランク」は、いわば、気取らないが故、言いたいことを言いますが、自分が悪い場合、それを理解したうえで謝ります。

「ラフ」は荒々しいが故、自分が悪い、もしくは言いたいことを言う場合においても荒々しく、人に好かれる印象を与えません。

つまり、常にマイナスというイメージがきまとうのが「ラフ」「ラフプレー」などがまさに乱暴なプレイを働き反則すれすれの行為を行ったという例になります。

なお「ラフ」は雑であるという意味もあることから、テニスのラケットにおいては「ラフ」はラケットの裏側でざらざらした糸の部分を指し、ゴルフで言う「ラフ」は、手入れしていない芝生を意味します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典