スポンサーリンク

「フランクフルト」と「ホットドッグ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フランクフルト」と「ホットドッグ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「フランクフルト」「ホットドッグ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「フランクフルト」とは?

ドイツにある「フランクフルト・アム・マイン」のことです。

ドイツで重要な経済圏です。

また、そこで作られたことに由来するソーセージのことです。

「フランクフルトソーセージ」あるいは「フランクフルト風ソーセージ」といいます。

ここでは、ソーセージの「フランクフルト」について解説をします。

ソーセージとは、鳥獣の肉を粗びきしたもの、または刻んだものに、塩や香辛料で味付けをしたものを、子牛や豚などの腸に詰めて調理したものです。

地域によって、形や使用している肉・腸に違いがあります。

ドイツの「フランクフルト」で作られているものは、豚肉製のものは「フランクフルター・ヴュルストヒェン」、牛肉製のものは「フランクフルター・リンツヴルスト」と呼ばれています。

日本でこの名で呼ばれている食べ物は、やや太めの燻製ソーセージのことです。

使用している腸は豚のもの、直径が20~36mm未満のケーシングに詰めたもの、この2つの条件を満たしたものを日本ではこの名で呼んでいます。

「フランクフルト」の使い方

豚の腸に肉を詰めた、やや太めのソーセージを指して使用する言葉です。

「ホットドッグ」とは?

細長いパンに切れ目を入れて、そこにソーセージを挟んだ食べものです。

サンドイッチは、2枚のパンで具材を挟んでいます。

使用するパンは食パンであることが一般的です。

「ホットドッグ」が使用しているのは食パンではなく、パンを2つ使用することはありません。

特に使用している細長いパンの名称はないようですが、日本ではコッペパンのような形のものが使用されます。

また、飲食店で提供しているものの中には、ナンで挟んだものをこの名で呼んでいることがあります。

パンに入れる切れ込みは、日本の場合、パンに面して垂直であることが一般的です。

しかし、他の国では水平に切れ込みを入れていることがあります。

どの方向に切れ込みを入れていても、「ホットドッグ」と呼ぶことができます。

具材にはソーセージの他に、レタスやキャベツなどを使うことがあります。

ケチャップやマスタードをかけて食べることが一般的です。

「ホットドッグ」の使い方

細長いパンにソーセージを挟んだ食べものを指して使用する言葉です。

「フランクフルト」と「ホットドッグ」の違い

前者はソーセージの一種です。

後者はパンにソーセージを挟んだものです。

「フランクフルト」の例文

・『フランクフルトが好物だ』
・『今日の朝食はフランクフルト』
・『フランクフルトを調理する』

「ホットドッグ」の例文

・『屋台でホットドッグを買う』
・『ホットドッグにはマスタードはかけない』
・『ホットドッグを2つ食べた』

まとめ

どちらも食べものですが、同じものではありません。

「フランクフルト」はソーセージ、「ホットドッグ」はソーセージをパンで挟んだものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典