スポンサーリンク

「フリーター」と「アルバイト」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フリーター」と「アルバイト」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「フリーター」「アルバイト」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「フリーター」とは?

臨時ではない定まった職業についておらず、アルバイトで生活費を稼いで生活をしている人のことです。

また、仕事をしたいけれど、現在正社員として仕事に就いていない人のことです。

15~34歳までの学生や主婦は除きます。

日本では15歳以上が仕事をすることができます。

15歳は高校生くらいの年齢です。

つまり、学校に通って勉強をしながら、仕事をすることができるのです。

学生の場合は、正社員としてではない働き方ができるということです。

「フリーター」の意味に、「アルバイトで生活費を稼いで」とありますが、学生の場合はアルバイトで生活費を稼いでいても「フリーター」とはいいません。

また、主婦をしていて仕事についていない人もいることでしょう。

この人たちも、この言葉が指すものではありません。

年齢に関係なく、主婦は「フリーター」に含みません。

「フリーター」の使い方

正社員以外で働く人と、働く意志はあるけれど無職の人を指して使用する言葉です。

主婦と34歳までの学生は除きます。

「アルバイト」とは?

本業の合間に収入を得るためにする仕事や、その仕事をする人のことです。

また、短時間労働者に分類される雇用形態のことです。

この言葉が指す人は、年齢の定義はありません。

学生であっても、そうでない人であっても、この言葉は指しています。

この人たちが行う仕事には、さまざまなものがあります。

たとえば、書店員、コンビニ店員、清掃員、銀行の窓口、スーパー店員、コールセンタースタッフなどです。

どのような仕事内容なのかは、意味に含んでいません。

さまざまな仕事をしている人がいます。

「アルバイト」の使い方

本業とは別の収入を得るための仕事や、その仕事をしている人、または短時間労働者のことを指して使用をします。

学生で期間を限定して働いている人も含みます。

年齢は定めていないので、働くことができる年齢である人なら、この言葉を使うことができます。

「フリーター」と「アルバイト」の違い

どちらの言葉も働く人の意味では同じで、雇用形態が同じです。

違いは年齢です。

前者の言葉は、主婦と15~34歳までの学生を除きます。

後者の言葉が指しているのは、年齢に関係ありません。

学業をしているもの、家庭の家事などを担うもので、この形態の仕事をしているものを含みます。

「フリーター」の例文

・『知り合いはフリーター』

・『フリーター生活を楽しむ』

・『36歳フリーターです』

・『息子はフリーターを続けている』

「アルバイト」の例文

・『清掃のアルバイトをしている』

・『2つのアルバイトをしている』

・『親にアルバイトの相談をする』

・『アルバイトでためたお金でゲームを購入する』

まとめ

どちらの言葉も働き方についてを意味しており、働き方は同じです。

違いは年齢です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典