スポンサーリンク

「フレアパンツ」と「ブーツカット」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フレアパンツ」と「ブーツカット」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「フレアパンツ」「ブーツカット」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「フレアパンツ」とは?

「フレアパンツ」は、2種類のボトムの序文 この記事では、「フレアパンツ」「ブーツカット」の違いを分かりやすく説明していきます。

「フレアパンツ」は、衣服のボトムのカッティング方法が2種類存在し、それらを総称して「フレアパンツ」よ呼びます。

2種類のカッティング法ですが、一つは、「ブーツカット」というボトムパンツの袖をブーツのサイズに合うようカットしたモデル、二つ目は、ブーツカットよりも大きく、パンツの袖を大きく切り開いた「ベルボトム」です。

「ベルボトム」は、ブーツなどの組み合わせを意識して、パンツの袖を広くしているのではなく、ゆったりと履きこなすことを意識して構成されています。

逆に「ブーツカット」は、足を細く魅せる趣向を凝らしていてかつ、ブーツが目立つよう作られているため、ゆったりと着こなすボトムパンツではないです。

「フレアパンツ」の使い方

「フレアパンツ」はおしゃれの一環として、衣服の上下のボトム部分として着用します。

この時、目的別に使用するのが2種の「フレアパンツ」の存在になり、足を細く魅せ、履いているブーツを強調する場合、「ブーツカットタイプ」、ゆったりとズボンを履きこなしたいと願う場合、「ベルボトム」という選択になります。

「ブーツカット」とは?

「ブーツカット」は、元々はカウボーイが馬に乗る際、ブーツを履いた際のズボンの稼働領域を確保するためにあえてズボンのすそを広くしたのが始まりです。

それをおしゃれに取り入れたのが現在の「ブーツカット」になり、ブーツの存在を強調することと、足のラインを細く魅せることに重点を置いたボトムへと進化したのです。

「ブーツカット」の使い方

「ブーツカット」の使い方は、足を細く魅せ、かつ履いている靴を強調する場合に使用します。

「フレアパンツ」と「ブーツカット」の違い

「フレアパンツ」「ブーツカット」は同じカッティング法を取り入れたズボンであるため、違いはないです。

ただし、「フレアパンツ」は、より「ブーツカット」よりもズボンのすそを大きく切り開いたボトムが存在するため、あえて違いを上げるとすれば、大きく裾が切り開かれているかどうかです。

そして履きやすさが異なる点もあり、「ブーツカット」は足回りが窮屈ですが、「フレアボトム」は全体的にゆったりとしているため、窮屈というより動きやすいという違いもあります。

まとめ

「ブーツカット」は、1990年代ごろ流行したおしゃれで、ブーツの存在および、足を細く魅せることに重点を置きました。

しかし、窮屈で動きにくいという難点があり、生み出されたのが、「フレアパンツ」という新しいボトムです。

こちらは、「ブーツカット」の特性を大きく生かし、履きやすいボトムとして進化したもので両者の違いは、現在では履きやすさになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典