スポンサーリンク

「フレーズ」とは?意味や使い方、分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フレーズ」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

会社や学校でよく耳にする言葉の中には、おぼろげな用語もあります。

この記事では、「フレーズ」の意味を分かりやすく説明していきます。

見当がつかない言葉を、正しくおさえていきましょう。

スポンサーリンク

「フレーズ」とは?意味

フレーズとは、ひとつの句のこと。

ひとつの意味を持つ「ひと区切りの言葉」です。

また音楽では「ひとつの楽句」をフレーズとあらわします。

広告業界で用いられる言葉に「キャッチフレーズ」があります。

キャッチフレーズとは、商品を効果的に売るための「売り文句」のこと。

企業ブランドにあった良いキャッチフレーズを付けると、商品は爆発的に売れます。

短い言葉で分かりやすく、ユーザーに伝わる言葉を届けるのがキャッチフレーズです。

また音楽の「フレーズ」は楽譜の中にある、ひとつの旋律です。

天才作曲家のモーツァルトは、同じフレーズを1つの曲の中に何度も繰り返し使って、作品を仕上げていました。

フレーズを効果的につかった楽曲は、聞いていてとても心地よく感じられます。

楽器を演奏するときは「フレーズ」を意識しながら弾くと、気持ちのこもった音に仕上がります。

「フレーズ」の概要

フレーズは英語から生まれた言葉です。

英語のフレーズは「音楽のひとつの節」そして「ダンスのひとつの振り付け」をあらわします。

そこから派生して「ひとつの言葉」という意味になりました。

仕事の現場でも、フレーズはよくつかわれています。

「ビジネスシーンで役立つフレーズ」「海外旅行で役立つ、英会話のフレーズ」などはその一例です。

例えばビジネスシーンで知っておきたいフレーズに「かしこまりました」「深謝いたします」などがあります。

いずれも知らなくても仕事に差し支えがないものですが、知っておくとデキるビジネスマンとして株は上がっていきます。

その人の教養を深めて、人生や仕事をより豊かにしてくれるのがフレーズです。

「フレーズ」の言葉の使い方や使われ方

フレーズは次のように用います。

・海外出張でつかえるフレーズを習いに、英会話を始めることにした。

・ヒットソングのフレーズが、リフレインして頭から離れない。

・CMで流すためのキャッチフレーズを作成している。

フレーズとは「ひとつの言葉」のこと。

英会話のワンフレーズもあれば、ヒットソングのフレーズもあります。

また企業やブランドの、キャッチコピーとしても用います。

色々なシーンで、用いられるのがフレーズです。

「フレーズ」の類語や言いかえ

フレーズと同じような意味を持つ言葉には、このような単語があります。

・キャッチフレーズ
・慣用句
・ワンフレーズ
・言い回し
・ひとつの楽句
フレーズとは、まとまった意味を持つ「ひと続きの言葉」です。

単語と単語を組み合わせた、ひと区切りの文章です。

そのため「キャッチコピー」「ワンフレーズ」そして「慣用句」などに置きかえられます。

まとめ

「フレーズ」の意味や使い方をチェックしました。

「フレーズ」とは、区切られたひとつの言葉のこと。

音楽では同じメロディや旋律を「フレーズ」といいます。

広告業界では「キャッチコピー」としての意味があります。

色々なフレーズを覚えておくと、自分の言いたいことを効果的に相手に伝えられます。

人生の潤滑油です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典