スポンサーリンク

「プライオリティ」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「プライオリティ」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、プライオリティの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

プライオリティとは?意味

プライオリティとは、物事の優先権を意味します。

重要度、優先順位、優先権、緊急度など、どの物事よりも先に扱うべきこととの意味合いもあります。

ビジネスシーンでは優先順位をより重視する言葉です。

プライオリティの概要

ビジネスにおいては、同時にいくつもの業務を行う場合、より難易度の高い仕事を先にやることを指している言葉です。

重要度が高い仕事であれば「プライオリティが高い」と表現します。

タスク管理では、この処理の重要性が高いものから片付けていくために、一度すべての内容に目をとおし、より優先順位が求められるタスクから処理していくことが必要です。

電子メールの場合では、プライオリティを設定することで重要な用件を送信。

すると、受信したメールには記号が表示され、より優先すべき電子メールであることをすぐに確認できるようになります。

より効率的に重要度の高い仕事はなにか、取りかかる前に早く片付けるべき仕事は何か、後回しにしてもいい仕事は何かを見定めて分ける。

そして、プライオリティが高い仕事を集中して片付けた後、他の仕事をこなしていきます。

この言葉を使う場面は、クレジットカードの優待や空港ラウンジ使用の際にもプライオリティを使います。

その際は、優先的な立場と表示します。

プライオリティの言葉の使い方や使われ方

プライオリティの使い方は、「プライオリティを得る」「プライオリティを置く」「プライオリティが必要だ」と使います。

ビジネスシーンにおいては交渉する機会が多いですが、相手先の信頼と信用を得るためにもプライオリティを重視して使う言葉です。

また、優先権においては、扱い方も優先するという意味でも「会社に優先権がある」と使います。

プライオリティの言葉を使った例文(使用例)

ビジネスシーンでのプライオリティを使った例文についてご紹介します。

・このプロジェクトはプライオリティを重視してお願いします。

大事なプロジェクトは品質重視が求められるものです。

そのため、社員に対してより集中し、プライオリティ重視で仕事をしてもらえるように頼みたいときに使います。

・この仕事はプライオリティが低いのでこの仕事は後でやりましょう。

職場では、プライオリティが高い仕事を先にこなすことが重要です。

そのため、プライオリティの低い仕事は後回しで一旦おいておき、いろいろな仕事に手を出さないようにしましょう。

集中して先にやるべき仕事をやる。

そして終わらせることが大事と伝える使用例です。

・日々の業務はプライオリティをよく考えてからこなしていこう。

日々の業務はプライオリティをよく考えてから取りかかり、順序良く終わらせていくことが大切です。

焦らず、内容をよく見て、何に重きを置けばいいか、そして行動するのかよく考えて片付けていこうと社員に呼びかけるときに使います。

まとめ

プライオリティが高い業務を任された場合、注意も万全に、即座に対応することが求められます。

ただ、すぐに仕事に取りかかる前に全体的に見て、どれを優先的にやればいいのかしっかり確認すること。

そんなプライオリティを考えて、質が高い仕事をこなせるようになれば、職場でも人気の社員となるでしょう。

普段からこのプライオリティについて学んでおくことも必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典