スポンサーリンク

「プレッシャー」と「ストレス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「プレッシャー」と「ストレス」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

試合や受験、大事な会議など、結果によっては今後の未来を左右したり、大勢の前に出たりするときは誰でも緊張します。

そのために長い期間準備して備える人も多いでしょう。

それは「プレッシャー」を感じているのか、あるいは「ストレス」を感じているのか、どちらだと思いますか。

この記事では、「プレッシャー」「ストレス」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「プレッシャー」とは?

精神的重圧のことです。

責任のある仕事を任され、緊張感を重く感じたときに使います。

「ストレス」とは?

精神的緊張、心労、苦痛、寒冷、感染などごく普通にみられる刺激が原因で引き起こされる生体機能の変化のことです。

「プレッシャー」と「ストレス」の違い

「プレッシャー」「ストレス」はともに緊張感があるときに使う言葉ですが、少し意味が違い、使い方も違います。

「プレッシャー」は周囲からの影響が大きく、期待されることで緊張します。

それを感じることでやる気になることもあるので、なくさなければならないものではありません。

「ストレス」は周囲の期待からだけではなく、精神的な悩みが原因なこともあり、身体的な影響を及ぼします。

「プレッシャー」をかけられ過ぎると「ストレス」になることもあるでしょう。

「ストレス」はたまると心の病気になるため、減らしていく必要があります。

「プレッシャー」の例文

「プレッシャー」の例文を紹介していきます。

・『私はあなたにはある程度のプレッシャーが必要だと思います。』

「プレッシャー」に弱く、頑張りすぎて「ストレス」を感じる性格な人もいますが、いくら「プレッシャー」をかけても頑張らない人もいます。

・『あなたがプレッシャーをかけてくれたおかげで、成功しました。』

そのときは重圧に感じても、成功したことで感謝することもあるでしょう。

・『彼は親からプレッシャーをかけられ過ぎて、勉強をやめてしまいました。』

どれだけ頑張っても期待に応えられなかったときは精神的に病んでしまいます。

「ストレス」の例文

「ストレス」の例文を紹介していきます。

・『私はストレスを感じるとすぐにお腹が痛くなります。』

悩み事やショックな出来事があると、頭痛や腹痛の症状として出ることがあります。

・『あなたは今の仕事にストレスを感じていますか。』

毎日責任のある仕事をして、やりがいを感じていればいいですが、長い間「ストレス」しか感じられない仕事の場合は転職を考えることになるでしょう。

・『彼女は彼と一緒にいることでストレスを感じるようになりました。』

「ストレス」は長期に及んで嫌なことを言われるなど、少しずつたまっていくことがあります。

限界が来ても、身体的症状が出るまで気づかず過ごしてしまう人もいます。

まとめ

「プレッシャー」「ストレス」は緊張を感じるときに使うのは同じですが、原因や意味が少し違います。

「プレッシャー」は周囲からの期待が原因、「ストレス」はそれだけではなく、悩みからくることもあり、身体的症状が出ることもあります。

そのため、「プレッシャー」は少しなら許容されますが、「ストレス」はない方がいいでしょう。

時折ある「プレッシャー」なら良い刺激になりますが、あまりにも「プレッシャー」が多い日々を過ごしている人は「ストレス」にならないように、状況を改善するようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典