「プレーヤー」と「プレイヤー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「プレーヤー」と「プレイヤー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「プレーヤー」「プレイヤー」の違いを分かりやすく説明していきます。

「プレーヤー」とは?

「プレーヤー」の意味と概要について紹介します。

「プレーヤー」の意味

「プレーヤー」は、「プレイする人を表す言葉」です。

「プレーヤー」の概要

「プレーヤー」は、英語の“play”「~する人」を表す「~er」を付けて日本語化した言葉です。

本来「play」には「y」が付くので、原形は「プレイ」ですが、変化形になると「j」の音になります。

これは日本語にはない発音で、喉の奥から出す「ユ」に近い音です。

これに「er」が付くと、本来は「プレイユァ」に近い発音なのですが、喉の多くから出す音の難しさに「r」が重なるので、日本語で発音や表記ができないのです。

その為に理解できる範囲で「プレーヤー」と表記するのです。

この表記は基本的に「スポーツ選手」「楽器の演奏者」など、遊ぶのではなく何かのパフォーマンスをする人に対して使われる傾向があります。

「プレイヤー」とは?

「プレイヤー」の意味と概要について紹介します。

「プレイヤー」の意味

「プレイヤー」「プレイする人を表す言葉」です。

「プレイヤー」の概要

「プレイヤー」も、英語の“play”「~する人」を表す「~er」を付けて日本語化した言葉です。

上で紹介した「プレーヤー」をより英語に近い発音にした表現です。

ただし、会話で言うと「プレーヤー」「プレイヤー」もほぼ同じに聞こえます。

あくまで表記上の違いではありますが、「プレイヤー」「オーディオ機器「は「ゲームをする人」など、娯楽系のものに対して使われる傾向があります。

「プレーヤー」と「プレイヤー」の違い!

「プレーヤー」「プレイヤー」も同じ意味です。

「プレーヤー」「スポーツ選手」「楽器の演奏者」などに使われる傾向があります。

「プレイヤー」「オーディオ機器」「ゲームをする人」などに使われる傾向があります。

まとめ

今回は「プレーヤー」「プレイヤー」の違いをお伝えしました。

「プレーヤーはパフォーマンス系が多い」「プレイヤーは娯楽系が多い」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典