スポンサーリンク

「プロット」と「シナリオ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「プロット」と「シナリオ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「プロット」「シナリオ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「プロット」とは?

「プロット」とは、物語、小説、映画、漫画などの筋立て、構想という意味になります。

大まかな話の筋、展開、配列といったもので、まず「プロット」を作り、そこから本格的に作っていくという形になります。

「シナリオ」とは?

「シナリオ」とは、日本語で言えば「脚本」のことです。

演劇、映画、ドラマなど上演のもととなるもので、セリフ、装置、演出上の注意などが書いてあります。

他に台本、台帳という言い方もできます。

映画の場合は「シナリオ」と言うことが多いでしょう。

「プロット」と「シナリオ」の違い!

「プロット」「シナリオ」の違いを、分かりやすく解説します。

「プロット」は物語、ドラマ、映画など何かを作る際、最初の構想のことを言います。

「シナリオ」とは、セリフ、装置、演出上の注意などを記した本のことです。

つまり「プロット」は構想段階のものですから、実現せず終わることもあります。

「シナリオ」「プロット」を経て、現実に上演する為に作られた本です。

これが「プロット」「シナリオ」の違いです。

簡単に覚えるならば「プロットは構想、大まかな筋立て」「シナリオは上演するもととなる本」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「プロット」「シナリオ」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

「最初にプロットを作り、シナリオを完成させる」という風に覚えておきますと、理解しやすくなりますのでおすすめです。

言葉の意味を正しく理解して使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典