「ヘイトを買う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ヘイトを買う」の意味

「ヘイトを買う」の意味は以下の2つです。

1つ目は「憎まれること」で、自分がした行為の結果として、相手の憎悪を身に受けてしまうことを言います。

2つ目は、「反感を持たれること」で、こちらも自分が何かしらの行動を起こしたことにより、周囲から「賛同できない」「不快である」と思われることを言います。

「ヘイトを買う」の読み方

「ヘイトを買う」の読み方は、「へいとをかう」になります。

スラングとして使われている言葉ですので、片仮名交じりで違和感があってもこのまま覚えましょう。

「ヘイトを買う」を分解して解釈

「ヘイトを買う」「ヘイト+を(助詞)+買う」で成り立っています。

「ヘイト」とは英語の「hate」を日本語化した言葉で、「~を憎む」「~をひどく嫌う」という意味です。

英語では動詞として使われることが多くなりますが、日本語では名詞や形容詞として使われ、意味は「国や性別、人種、障害、見た目など、生まれつき持っているものに対して誹謗中傷、差別や嫌悪を表すこと、又は他人に対してその様なことを煽ること」です。

「買う」「自らの行為により好ましくない結果を身に受けること」という意味です。

上記の言葉が組み合わさり「自らの行為により誹謗中傷や嫌悪をこうむること」として使われています。

「ヘイトを買う」の表現の使い方

「ヘイトを買う」の表現の使い方を紹介します。

文法的な使い方

「ヘイトを買う」は動詞を伴った言葉であり、文末にそのまま使えます。

副詞として使う時には「ヘイトを買い」になります。

自分がしたことに対する結果として使う

本来「ヘイト」「持って生まれた見た目や環境に対して誹謗中傷すること」を言います。

しかし「ヘイトを買う」の場合は、自分がした行為により周囲から反感を持たれることを言います。

「ヘイトを買う」を使った例文と意味を解釈

「ヘイトを買う」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「ヘイトを買う」を使った例文1

「彼は差別的な発言をしたことによりヘイトを買った」

人の見た目や家柄などを侮辱することを言った為に、周囲から嫌われてしまったことを表しています。

「ヘイトを買う」を使った例文2

「ゲームで敵のヘイトを買いすぎて不利になってしまった」

オンラインゲームで技をひけらかし過ぎてしまい、敵のチームの攻撃目標になってしまったことを言います。

「ヘイトを買う」の類語や類義語

「ヘイトを買う」の類語や類義語を紹介します。

「反発を食らう」【はんぱつをくらう】

「自分の意見や考えに対して周囲から反対されること」という意味です。

「非難を浴びる」【ひなんをあびる】

「言動や人格に対して人から否定されること」という意味です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典