スポンサーリンク

「ヘッドハンティング」と「引き抜き」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ヘッドハンティング」と「引き抜き」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ヘッドハンティング」「引き抜き」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ヘッドハンティング」とは?

「ヘッドハンティング」「ある企業の役員や幹部クラスなど、経営者として優秀な人材をスカウトして、他の企業に迎え入れること」という意味です。

英語で“headhunting”と書き、“head”「頭、首」と言う意味、つまり、企業の経営者、役員、幹部など、トップクラスの人を説得して他の企業に転職させることを言うのです。

「ヘッドハンティング」は、肩書のある人に対して使われる言葉で、給与面についても高額が提示されます。

勿論現職よりも良い条件が期待されますので、個人的な交渉ではなく、転職エージェントに委託して行われることが多くなります。

「引き抜き」とは?

「引き抜き」「ひきぬき」と読みます。

意味は「主に同業種のライバル企業にいる優秀な人材をスカウトして、自社に転職させること」です。

ライバル企業で優秀な人材を見つけたら、その人が勤めている企業よりも良い条件を提示して、納得の上で転職させることを言います。

同じ業種で優秀な人材を得れば即戦力につながり、会社に大いに貢献して貰える可能性が高くなります。

基本的に役職のある・なしに関わらず、優秀な人材をスカウトすること全般に使われます。

「ヘッドハンティング」と「引き抜き」の違い!

「ヘッドハンティング」「ある企業の役員や幹部クラスなど、経営側として優秀な人材をスカウトして、他の企業に迎え入れること」です。

「引き抜き」「主に同業種のライバル企業にいる優秀な人材をスカウトして、自社に転職させること」です。

まとめ

今回は「ヘッドハンティング」「引き抜き」の違いをお伝えしました。

「ヘッドハンティング」「経営者をスカウトする」「引き抜き」「肩書に関係無く優秀な人材をスカウトする」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典