スポンサーリンク

「ヘマをする」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ヘマをする」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ヘマをする」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ヘマをする」とは?意味

「ヘマをする」とは、過ちや失敗を犯すという意味を持つ言葉です。

または、不手際などの他気の利かない行動をとる様にも使用されます。

日本語においては、「ヘマをする」とは失敗をするという意味で使用することが多いのですが、近年あまり使用されなくなっており、その理由には類語が多く存在しており、ミスという単純な2文字で失敗することを示す言葉があるが故あまり使用されなくなりつつある言葉です。

「ヘマをする」の概要

「ヘマをする」という言葉の語源ですが、2つの定説があり、一つは日本語で下手な間をするという意味合いから生まれたと言われています。

下手な間の間ですが、間は、部屋の空間のことを指し、増改築に失敗した言葉を指す言葉として江戸時代に流行した言葉が「ヘマをする」の語源であると言われています。

そして、もう一つの説ですが、ギリシャ語が語源であるとされた説です。

ギリシャ語の中に、作業をするという言葉があり、rhemaという言葉があるのですが、それを日本人が聞き間違えてhemaと聞き間違えたが故、それは誤りであると分かり、間違いであるという意味の言葉として生まれたとされる説があります。

「ヘマをする」の言葉の使い方や使われ方

この言葉は、失敗したり、単純なミスをした場合に使用される言葉で、対象となるものは人であることが多いです。

それを失敗であると認識した場合に「ヘマをする」「ヘマをした」と呼び、失敗したことを意味する言葉として使用します。

この言葉は、失敗した対象自らが使用したり、第3者が失敗した対象に向けて言い放つことができる言葉です。

「ヘマをする」の類語や言いかえ

「ヘマをする」の類語や言いかえには、ミスをするという言葉があります。

どちらかというとミスをするという言葉の方が現在では使用されており、簡単な失敗であれば、凡ミスやケアレスミスなどの言葉で失敗したことを表記することができるため、「ヘマをする」という言葉は使用しなくなりつつあります。

その理由としては、「ヘマをする」とは、簡単な失敗を指すのか、重大な失敗を示すかが分かりにくく、ミスという言葉の方が簡単に失敗具合を説明できるため、こちらの言葉の方が使用例が多いのです。

ミスであれば、重大な失敗は、クリティカルミス、簡単な失敗は、凡ミスやケアレスミスとすることができ、重大さを把握しやすいのです。

まとめ

「ヘマをする」という言葉は、元々は失敗したことを指し、かつ簡単な失敗をしてしまうことを指した言葉でした。

しかし、いつしか失敗の度合いが変化し、だんだんとどのような失敗度合いであるかが分からなくなってしまったのです。

その為、もっと簡単に失敗度合いが分かる言葉が登場し、現在で使用されているのは、ミスという言葉が主力となっています。

ミスであれば、凡ミスやクリティカルミスなどという言葉で失敗度合いの重大性が分かるため、現在ではこちらのミスという言葉が「ヘマをする」という言葉にとって代わっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典