「ベビーカー」と「ベビーバギー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ベビーカー」と「ベビーバギー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ベビーカー」「ベビーバギー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ベビーカー」とは?

「ベビーカー」の意味と概要について紹介します。

「ベビーカー」の意味

「ベビーカー」とは、「新生児の時期から3歳~4歳頃までの乳幼児が使用する移動用乗物のこと」です。

「ベビーカー」の概要

「ベビーカー」は、新生児の頃から使い始めて、3歳~4歳までの乳幼児を異動させる手段の乗り物のことを言います。

「ベビーカー」には大きく分けて以下の2種類があります。

「A型ベビーカー」は、新生児の時期から3歳頃まで使うベビーカーで、リクライニング機能がついているので、赤ちゃんを寝かせて移動させられます。

作りがしっかりしている分大きくて重量もあるのですが、安定性に優れています。

「B型ベビーカー」は、首の座る生後7か月頃から4歳頃までの赤ちゃんが使うベビーカーで、座ったまま移動させられます。

A型よりも軽量にできていて、値段も安くなっています。

「ベビーバギー」とは?

「ベビーバギー」の意味と概要について紹介します。

「ベビーバギー」の意味

「ベビーバギー」「ベビーカーよりもより軽量でコンパクトなもののこと」です。

「ベビーバギー」の概要

「ベビーバギー」「バギー」とも呼ばれ、一般的なベビーカーよりもより軽量でコンパクトなタイプのものを言います。

赤ちゃんを座らせて使うのが基本で、生後7か月から3歳位までの乳幼児が対象です。

「バギー」はとにかく軽量でコンパクトですので、折りたたんで持ち歩いたり、車に積んでおき、いざという時にさっと使用できます。

中には本当に骨組み程度で座る部分もキャンプ用の椅子の様に簡単な作りですので、長距離移動にや向いていません。

「ベビーカー」と「ベビーバギー」の違い!

「ベビーカー」「しっかりとした作りで安定感がありる乳幼児の移動用乗り物」です。

「ベビーバギー」「よりコンパクトで軽量な乳幼児の移動用乗り物」です。

まとめ

今回は「ベビーカー」「ベビーバギー」の違いをお伝えしました。

「ベビーカーは安定感がある」「ベビーバギーは軽量コンパクト」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典