スポンサーリンク

「ボロ戸建投資家」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ボロ戸建投資家」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ボロ戸建投資家」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ボロ戸建投資家」の意味

今にもつぶれそうな古い家を他人に貸す投資家のこと、投資ではなく労働な方も多い。

「ボロ戸建投資家」の解説

「ボロ戸建投資家」は、「ぼろこだてとうしか」と読みます。

意味は「築古の戸建てを購入して不動産運用する投資家のこと」です。

地方で築年数40年以上のボロ戸建を安く購入してリフォームして、賃貸物件として運用することを言います。

築年数が古いので、100万円前後で購入できる戸建もあり、リフォーム代を安く済ませれば、毎月の家賃を5万程度と破格値にしても、数年で元を取れる見通しになります。

不動産投資したいけれども高額なローンを組むのは抵抗があるという人でも、現金で投資物件を手に入れられるのがメリットです。

「ボロ戸建投資家」の使われ方

「ボロ戸建投資家」は、自分でボロ戸建に投資している人、或いはその様な投資スタイルの人に対して使われます。

「ボロ戸建投資家として成功した人・失敗した人」などと言ったり、「ボロ戸建投資家として第二の人生をスタートさせた」などと言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典