「ポートフォリオ」と「作品集」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ポートフォリオ」と「作品集」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ポートフォリオ」「作品集」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ポートフォリオ」とは?

「ポートフォリオ」とは、金融分野で「その人が保有している有価証券・金融資産の構成」を意味している言葉です。

経営分野・事業分野における「ポートフォリオ」は、「その企業が手がけている事業(ビジネス)の種類・構成」「その会社が製造している製品のラインナップ・構成」といった意味合いを持ちます。

さらにクリエイティブ分野における「ポートフォリオ」の意味として、「個人が今まで制作してきた作品を一覧にしたもの・作品集」があります。

「作品集」とは?

「作品集(さくひんしゅう)」とは、「その人が今まで制作してきた作品や成果物を集めたもの」のことを意味しています。

「作品集」は、「ある人物が制作した絵画・イラスト・音楽・漫画・デザイン・写真・工芸品・陶器(焼き物)・建築物などの作品」を集めたもののことなのです。

「作品集」はそれを展示会・展覧会で大勢の人に公開することもあれば、音楽・漫画などであれば「作品集」そのものを商品として販売することもあります。

「ポートフォリオ」と「作品集」の違い!

「ポートフォリオ」「作品集」の違いを、分かりやすく解説します。

「ポートフォリオ」「作品集」は、ウェブ・デザイン・絵画などのクリエイティブ分野に限定すれば、「その個人が制作(作成)してきた作品を集めたもの」という同じ意味を持つ同義語になります。

しかし、「ポートフォリオ」には「クリエイティブ分野(個人レベルの仕事の分野)」だけではなくて、「金融分野」「経営分野(事業分野)」における別の意味があるという違いを指摘できます。

金融分野における「ポートフォリオ」には「その人が所有している金融資産(有価証券)の構成」という意味があり、経営分野(事業分野)では「その会社が経営している事業の構成・事業として製造している製品の構成」といった意味があります。

金融と経営(事業)の分野における「ポートフォリオ」の意味は、「作品集」にはないという違いがあるのです。

まとめ

「ポートフォリオ」「作品集」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ポートフォリオ」とは「金融分野における保有している資産構成(金融資産一覧)」「クリエイティブ分野における個人の作品集」を意味していて、「作品集」「ある人物が制作した作品(成果物)を集めたもの」を意味している違いがあります。

「ポートフォリオ」「作品集」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典