スポンサーリンク

「マキシマム」と「クレイジーソルト」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「マキシマム」と「クレイジーソルト」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「マキシマム」「クレイジーソルト」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「マキシマム」とは?

株式会社中村食肉が開発をしたスパイス調味料です。

このスパイス調味料に使用されている原料は、食塩・胡椒・野菜粉末・醤油・ナツメグ・パプリカ・カツオエキス・クミンなどです。

一般的なスパイスは、ナツメグ・クミン・コリアンダーといったスパイスのみを使用していますが、このスパイス調味料はカツオエキスや醤油を使用している点が他とは違います。

ゆず風味、わさび風味など、いくつかの種類があります。

使い方ですが、さまざまな料理に活用できます。

たとえば、鶏肉の炒め物です。

醤油やカツオエキスの風味があり、スパイスはアクセントになります。

チャーハンにも活用できます。

塩、胡椒、醤油が使用されているので、これを振りかけるだけで簡単に作ることができます。

「マキシマム」の使い方

株式会社中村食肉が開発をしたスパイス調味料を指して使用する言葉です。

この名で販売されています。

「クレイジーソルト」とは?

岩塩とハーブをブレンドした調味料です。

この調味料は、1960年代にアメリカで誕生しました。

ジェーンおばさんが、岩塩とハーブを混ぜたものを楽しんでいたことが始まりだとされています。

使用している基本のハーブは、ペッパー・オニオン・ガーリック・タイム・セロリ・オレガノの6種類です。

ブラック・レッド・グリーンの3つのペッパーをベースにしたクレイジーペッパー、オレンジピールやレモンピールを加えたクレイジーレモンなどもあります。

アメリカは、さまざまな国籍の人たちが住む国で、国が違えば食べるものも違います。

そんな国が生んだ調味料は、さまざまな料理にあいます。

たとえば、うどん、パン、唐揚げ、卵サンド、鮭のムニエルなどです。

「クレイジーソルト」の使い方

岩塩とハーブをブレンドした調味料を指して使用する言葉です。

「マキシマム」と「クレイジーソルト」の違い

2つの言葉が指すものは調味料です。

違いは使用している原料です。

「マキシマム」はスパイスの他に醤油やカツオエキスを使用していることが特徴です。

「クレイジーソルト」は塩に岩塩を使用していることと、オレガノ・タイム・セロリなどのハーブを使用していることが特徴です。

それぞれ味が異なるので、あう料理も違います。

「マキシマム」の例文

・『マキシマムを使ってチャーハンを作る』
・『マキシマムを購入する』
・『マキシマムは家に常備されている』
・『マキシマムを何にでも使う』

「クレイジーソルト」の例文

・『スーパーでクレイジーソルトを買う』
・『クレイジーソルトを使ったパスタ』
・『クレイジーソルトがあると便利』
・『クレイジーソルトのフタを上手に開ける』

まとめ

2つの言葉が指すものは、調味料という点では同じですが、使用している原料が違います。

そのため、あう料理も異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典