スポンサーリンク

「マス」と「サケ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「マス」と「サケ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「マス」「サケ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「マス」とは?

「マス」とは、「サケ目サケ科に分類されて、英語ではトラウト(“trout”)と呼ばれる魚」のことです。

「マス」は、「サケのように海に下ることがなく河川(淡水)に残留する生態」を持っていることが多い魚です。

日本で寿司・刺身で生食されているサケ(サーモン)の多くは、「養殖されたニジマス(チリ産)」になっています。

「サケ」とは?

「サケ」とは、「サケ目サケ科に分類されて、英語ではサーモン(“salmon”)と呼ばれる魚」のことです。

「サケ」は、「川から海に出たり海から川に戻って産卵したりする生態」を持っていることが多い魚です。

「サケ」は長距離を移動して海で栄養分を摂取することが多いので、体長が大きくなりがちです。

「マス」と「サケ」の違い!

「マス」「サケ」の違いを、分かりやすく解説します。

「マス」「サケ」はどちらも「サケ目サケ科の魚」であり、生物学上の分類では同じ種の魚になります。

ただし「マス」「川(淡水)に生息し続けることが多い種・英語でトラウトと呼ばれる種」であり、「サケ」「海に下る生態を持っていることが多い種・英語でサーモンと呼ばれる種」である違いがあります。

「マス(約30センチ)」よりも川と海を行き来する「サケ(約70センチ)」のほうが、「体長が大きくなりやすい違い」もあります。

まとめ

「マス」「サケ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「マス」とは「サケ目サケ科の魚で、英語ではトラウト“trout”と呼ばれる」「川(淡水)に留まる生態を持っていることが多い」を意味していて、「サケ」「サケ目サケ科の魚で、英語ではサーモン(“salmon”)と呼ばれる」「川から海に出る生態を持っていることが多い」を意味している違いがあります。

「マス」「サケ」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典