スポンサーリンク

「マナー違反」と「ルール違反」違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「マナー違反」と「ルール違反」違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「マナー違反」「ルール違反」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「マナー違反」とは?

「マナー違反」の意味は以下の通りです。

1つ目は「人に対して非常識な態度を取ること」という意味で、人を不快な気持ちにさせる言動をすることを言います。

2つ目は「人前で非常識な作法をすること」という意味で、社会的にしてはいけないとされている、割り込みや優先席を譲らないなどのふるまいをすることを言います。

上記に共通するのは「礼儀に反した行動」という意味です。

「マナー違反」の使い方

「マナー違反」「人に対して非常識な態度を取ること」「人前で非常識な作法をすること」という意味で使われます。

「マナー」は英語の“manner”が日本語化した言葉で、「態度」「礼儀」「礼儀作法」という意味があります。

「礼儀」とは、規則で決まっている訳ではないけれども、社会生活をスムーズにするにあたり常識的に守るべきことであり、これに反する行為を「マナー違反」と言うのです。

「ルール違反」とは?

「ルール違反」の意味は以下の通りです。

1つ目は「集団的な慣習を守らないこと」という意味で、夜間は静かにするなど、その地域や社会でそうすることに決まっていることを言います。

2つ目は「法律を守らないこと」という意味で、交通規則など明らかに法律で定められていることを守らないことを言います。

上記に共通するのは「決まりを守らない」という意味です。

「ルール違反」の使い方

「ルール違反」「集団的な慣習を守らないこと」「法律を守らないこと」という意味で使われます。

「ルール」は英語の“rule”が日本語化した言葉で、「規則」「規制」「決まり」という意味があります。

社会生活をスムーズに送る上で、法律やその地域、集団で決まっている事柄があり、それに反する行為を「ルール違反」と言うのです。

「マナー違反」と「ルール違反」の違い

「マナー違反」「社会的な礼儀に反した行為をすること」という意味です。

「ルール違反」「社会的な規則に反した行為をすること」という意味です。

「マナー違反」の例文

・『食事する時にひじを付くのはマナー違反だ』

・『インターネット上で人に対して誹謗中傷をするのはマナー違反だ』

・『電車やバスの中で、大声でおしゃべりしているのはマナー違反と言える』

・『最近は優先席に座ったまま譲らないマナー違反の若者が増えている』

「ルール違反」の例文

・『指定された曜日以外の日にごみを捨てるのはルール違反だ』

・『レジでの割り込みはルール違反だ』

・『勝手に会社の備品を持ち帰るルール違反が増えている』

・『会社の情報を他人に話すのはルール違反だ』

まとめ

今回は「マナー違反」「ルール違反」について紹介しました。

「マナー違反」「礼儀に反すること」「ルール違反」「規則に反すること」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典