「マネジメント経験」と「リーダーシップ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「マネジメント経験」と「リーダーシップ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「マネジメント経験」「リーダーシップ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「マネジメント経験」とは?

「マネジメント経験」の意味と概要について紹介します。

「マネジメント経験」の意味

「マネジメント経験」とは、「会社で管理職として責任ある役職をしたことがあること」という意味です。

「マネジメント経験」の概要

「マネジメント経験」とは、企業で、部長や課長など、部署の「長」となり、部下を持ち、目標達成の為に責任を負う役職の経験があることを言います。

「マネジメント」は、部下を管理するだけではなく、人材を育成する役割もあります。

部下のモチベーションを維持させながら、目的を達成していくのですが、何かあった時には責任を負うというプレッシャーもあります。

「マネジメント経験」があることで、業務に対する知識やノウハウだけではなく、部署を統率できる能力があるという証明になるのです。

「リーダーシップ」とは?

「リーダーシップ」の意味と概要について紹介します。

「リーダーシップ」の意味

「リーダーシップ」とは「チームの中でメンバーをまとめて導く役割をする人のこと」という意味です。

「リーダーシップ」の概要

「リーダーシップ」とは、チームの中にいて、メンバーと上手にコミュニケーションを取りながら、全員を統率して目的達成まで導く能力のことを言います。

特に役職や、年齢が上であるという必要はなく、一般社員や年下でも人と上手くコミュニケーションが取れて信頼される人材に対して「リーダーシップがある」と使います。

特に知識があったり仕事ができる必要はありません。

「マネジメント経験」と「リーダーシップ」の違い!

「マネジメント経験」「管理職として責任ある役職をしたことがあること」です。

「リーダーシップ」「メンバーをまとめて導く役割をする人のこと」です。

まとめ

今回は「マネジメント経験」「リーダーシップ」の違いをお伝えしました。

「マネジメント経験は役職」「リーダーシップは能力」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典