スポンサーリンク

「ムキになる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ムキになる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ムキになる」ということは、誰にでも起こりうる感情です。

納得いかないことや理解できないこと、自分が嫌だと思う相手の行動など、「ムキになる」といった感情はどんな場面でもおこります。

誰が誰にどんな言い回しで「ムキになる」という言葉を使うのか、難しい部分も少なくありません。

この記事では、「ムキになる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ムキになる」とは?

些細なことや細かいことですぐに腹を立てたり、怒鳴ったりすることを言います。

人には少なからず、絶対に譲れないことがいくつかあり、自分の納得いかない方向に話が進んでいると我慢できず「ムキになる」といった状態になってしまいます。

特に男女問わずプライドが高い人に多く見られる状態で、気が短い人や細かいことが気になる人ほど納得できないことが多く、ムキになってしまいがちです。

「ムキになる」の類語や言いかえ

「ムキになる」という言葉の類語には、「感情的になる」「頭に血が上る」「逆上する」「意地になる」という言葉があります。

「ムキになる」という言葉を他の言葉に言いかえて使う場合は、「アツくなる」「冷静さをなくす」「意地を通す」「ヤッキになる」など、さまざまな言い回し方があります。

「ムキになる」の言葉の使い方や使われ方

「ムキになる」という言葉の使い方や使われ方は意味合いは主に同じで、誰を相手にしているかによって言い回しが変わってきます。

喧嘩や討論をしている相手に使う場合は「あなたは小さなことにすぐにムキになるね」と相手に言い放つような言い回しになります。

その他に客観的に他の人の喧嘩を見ている人が使う場合は「君がムキになる気持ちも分からなくはないけどね」と少し寄り添った言い回しになることもあります。

「ムキになる」を使った例文(使用例)

下記の3パターンの例文を参考に、自分に当てはめて「ムキになる」と言う言葉を正しく活用しましょう。

・『彼の言い分の欠点を見つけて否定したら、ムキになることが多い』 ・『彼女の話を聞いていると、彼がムキになる気持ちもなんとなく理解できる』 ・『そんなことでムキになることないでしょ』 このように同じ「ムキになる」という言葉でも、言う人の立場や相手によって言い回し方が変わってきます。

喧嘩をしているときに使う場合は、さらに状態を悪化してしまう可能性があるので充分に注意が必要です。

まとめ

ここでは、「ムキになる」という言葉の意味や使い方を例文を用いて解説してきました。

「ムキになる」ということは欠点や絶対に譲れないことを否定される出来事があったり、小さなことや細かいことで不快なことがあったりしたときにおこしてしまう行動です。

欠点や問題点を見つけて指摘する場合でも、言い方を十分に注意して相手を怒らせないように配慮することも大切になります。

自分の言葉を口にする前によく考え、相手と穏やかに話し合いできるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典