スポンサーリンク

「メカニズム」と「システム」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「メカニズム」と「システム」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「メカニズム」「システム」の違いを分かりやすく説明していきます。

とても似た意味を持つ2つの言葉には、どのような違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「メカニズム」とは?

「メカニズム」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「メカニズム」は英語表記にすると「mechanism」となります。

「メカニズム」「機械仕掛け。

装置。

メカ」
という意味や「仕組み」という意味があります。

例えば、体の仕組みについて話をするとき、「人体のメカニズムは不思議なことばかりだ」などと言うことがあります。

また、ゲリラ豪雨が降るとき、自然の中で何かしらの仕組みが働いていると考えることができます。

そのため、「ゲリラ豪雨のメカニズムを解析して、予報に生かす」などと言います。

また、機械式時計は精緻な部品が組み合わされた機械仕掛けの製品のため、「機械式時計は、メカニズムによって動いている」などと言うことができます。

「システム」とは?

「システム」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「システム」は英語表記にすると「system」になります。

「システム」「制度や組織。

方法や方式」
という意味があります。

例えば、商品を小売店に輸送するための制度や組織などを、「輸送システム」と呼ぶことがあります。

防犯のために監視する方式のことを「監視システム」と呼ぶことがあり、金銭的な物事の方式を「金融システム」と呼ぶことがあります。

他にも「教育システム」「戦闘システム」など様々な場面に制度や方式があり、「システム」という言葉を使うことができます。

また、「システム」には「コンピューターを使った情報処理機構」という意味があり、その場合は「コンピューターシステム」などと呼ばれます。

「メカニズム」と「システム」の違い

「メカニズム」「システム」の違いを、分かりやすく解説します。

「メカニズム」「機械仕掛け。

装置。

メカ。

仕組み」
という意味があり、「システム」「制度や組織。

方法や方式」
という意味があります。

「メカニズム」「システム」には、「仕組み」という意味があり、よく似た印象があります。

ただし、「メカニズム」は基本的に、機械よりの言葉なのに対して、「システム」は制度や組織に対して使われる言葉になります。

例えば、「囚人を監視するメカニズム」という場合、監視カメラや赤外線などの仕組みや装置について意味すると考えることができます。

一方「囚人を監視するシステム」という場合は、監視する組織、監視する人員の配置や、シフトについてなど、制度や組織について意味すると考えることができます。

二つの言葉には、このような違いがあると考えることができます。

まとめ

「メカニズム」「システム」の違いについて見てきました。

2つの言葉は似た印象がありますが、明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の違いを知ることで、使い分けることができるようになるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典