スポンサーリンク

「メガネ」と「サングラス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「メガネ」と「サングラス」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「メガネ」「サングラス」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「メガネ」とは?

「メガネ」とは、「近視・老眼など目の屈折異常を補正するためのレンズを使用して、目の周辺に装着する器具」のことです。

「メガネ」というのは、「視力矯正・目の保護・ファッションの用途で目の周りに装着する道具」のことを意味しているのです。

一般的に「メガネ」という場合には「度数のあるレンズが入ったもの」を意味しますが、ファッション目的のメガネには「光の屈折率を矯正しないレンズが入ったもの」もあります。

「サングラス」とは?

「サングラス」とは、「日光(光源)のまぶしさの刺激・紫外線の悪影響を遮るためにかけるメガネ」のことを意味しています。

「サングラス」というのは、一般的に「黒色・茶色・青色などの色がついたレンズが入っているメガネ」のことです。

「サングラス」「直射日光の紫外線・光源のまぶしさを低減する用途」で装着しますが、「度数のあるレンズを入れたもの」もあり、「(色がついていて顔の印象が変わるので)ファッション目的でかける人」もいます。

「メガネ」と「サングラス」の違い!

「メガネ」「サングラス」の違いを、分かりやすく解説します。

「メガネ」「サングラス」もどちらも「目の周辺に装着する道具(器具)」という点では共通していますが、「メガネ」「視力矯正・目の保護・ファッション(度数なし)の用途」で装着されています。

「メガネ」に対して「サングラス」のほうは、「視力矯正・ファッションの目的」でかけることもありますが、「太陽の光(直射日光)のまぶしさ・紫外線から目を守る用途」で装着されている「色つきのレンズをはめたメガネ」という違いがあります。

「メガネ」は一般的に「透明のレンズ」であり、「サングラス」「日光(明るさ)を遮るための黒色・茶色・青色・緑色の色付きのレンズ」である違いを指摘できます。

まとめ

「メガネ」「サングラス」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「メガネ」とは「近視などの目の屈折異常を補正するために目の周辺に装着する器具・視力矯正と関係しないファッションのためのものもある」を意味していて、「サングラス」「直射日光の刺激・紫外線から眼を守るために着用する色付きのメガネ」を意味している違いがあります。

「メガネ」「サングラス」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典