「メーカー」と「ディーラー」違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「メーカー」と「ディーラー」違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「メーカー」「ディーラー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「メーカー」とは?

「メーカー」とは、「自社で何らかの商品・製品をつくっている会社」「自社で原材料の加工や部品を組み立てなどのモノづくりを行っている製造業者」のことを意味しています。

「メーカー」には、「食品(菓子)メーカー・自動車メーカー・機械メーカー」などのいろいろな商品・製品をつくっている会社があります。

「メーカー」とは「広義の製造業に分類される会社」であり、「食品・菓子・自動車・機械・家具などさまざまな商品のモノづくりをしている会社」なのです。

「ディーラー」とは?

「ディーラー」とは、「契約を結んでメーカーが生産した商品・製品を販売している会社」「(自社では製品をつくらない)メーカーと特約店契約を結んでいる販売代理店・販売業者」のことを意味しています。

「ディーラー」という言葉は、一般的に「自動車の特定メーカー(特定ブランド)の販売代理店」「自動車メーカーと特約店契約を結んでいる販売業者」を意味することが多くなっています。

また「ディーラー」には、「自己資金を用いて、株などの有価証券の売買をしている証券会社・銀行(各種金融機関)」という金融用語の意味合いもあります。

「メーカー」と「ディーラー」の違い!

「メーカー」「ディーラー」の違いを、分かりやすく解説します。

「メーカー」「ディーラー」もどちらも会社の業種・種別を意味している言葉ですが、「メーカー」というのは「広義の製造業に分類される会社(自社で商品・製品をつくるモノづくりを行っている会社)」のことを意味していて、「ディーラー」のほうは「メーカーと特約店契約を結んでメーカーがつくった商品・製品を売っている販売代理店」のことを意味している違いがあります。

「メーカー」というのは「原材料から商品・製品を製造している会社(例えば、自動車の部品をつくったり部品を組み立てたりして製造している会社)」であり、「ディーラー」のほうは「メーカーが生産した商品・製品(自動車)を特約店契約を結んで売っている販売業者」である違いを指摘できます。

まとめ

「メーカー」「ディーラー」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「メーカー」とは「自社で何らかの製品・商品をつくって売るビジネスをしている会社・食品メーカーや機械メーカーなど広義の製造業に分類される会社」を意味していて、「ディーラー」「メーカーと特約店契約を締結している販売業者・特にメーカーと特約店契約をした自動車の販売業者」を意味している違いがあります。

「メーカー」「ディーラー」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典