「メーカー」と「商社」違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「メーカー」と「商社」違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「メーカー」「商社」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「メーカー」とは?

「メーカー」とは、「自社で原材料を加工したり部品を組み立てたりして、何らかの商品・製品をつくっている会社」のことを意味しています。

「メーカー」には「食品メーカー・自動車メーカー・機械メーカー」などいろいろな業界の会社がありますが、「メーカー」というのは「広義の製造業(モノづくりの業界)に分類される会社」のことを示しているのです。

「商社」とは?

「商社(しょうしゃ)」とは、「自社では商品・製品をつくらずに、需要のある原材料(物資)・商品などを貿易・取引で仕入れ、それを他の会社に売る仲介ビジネスをしている会社」のことです。

「商社」「原材料・物資・部品・商品を仕入れて、他の会社に売るBtoBのビジネス」をしていますが、これを「トレーディング」といいます。

「商社」「トレーディング」以外にも「事業投資(将来の利益が期待できる事業への出資・投資)」を行うことで、企業全体の売上・利益の規模を大きくしています。

「商社」はさまざまな商品・物資を取り扱う「総合商社」と、個別の専門的な商品・物資だけを取り扱う「専門商社」に分けられます。

「メーカー」と「商社」の違い!

「メーカー」「商社」の違いを、分かりやすく解説します。

「メーカー」「商社」はどちらも企業の業種・種別を意味している言葉ですが、「メーカー」というのは「何らかのモノづくりを業務としている広義の製造業に分類される会社」のことを意味していて、「商社」のほうは「自社ではモノづくりをせずに、商品(原材料)を仕入れて他の会社(その商品の需要がある会社)に売るビジネスをしている会社」を意味している違いがあります。

「メーカー」では「自社で原材料を加工したり部品を組み立てたりして、何らかの商品・部品・製品をつくっています」が、「商社」のほうは「主にBtoBのビジネスにおいて、商品・原材料を仕入れて企業と企業の間をつなぐ仲介ビジネス(トレーディング)を行っている」という違いを指摘できます。

まとめ

「メーカー」「商社」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「メーカー」とは「自社で何らかの製品・商品を製造して売るビジネスをしている会社・広義の製造業に分類される会社や業社」を意味していて、「商社」「自社では製品・商品をつくらずに、商品を仕入れて企業と企業の間の仲介ビジネスをしている会社」「トレーディングと事業投資を行っている会社」を意味している違いがあります。

「メーカー」「商社」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典