スポンサーリンク

「ヤキモキ」と「ヤキモチ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ヤキモキ」と「ヤキモチ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ヤキモキ」したり、「ヤキモチ」したことがありませんか。

この記事では、「ヤキモキ」「ヤキモチ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ヤキモキ」とは?

「ヤキモキ」は、あれこれと気をもんでイライラするさまを意味します。

状況がわからずに気をもんだり、心配したりするときに使用されます。

イライラするという意味では、「カリカリ」という言葉もあります。

「カリカリ」は、怒りなどが高まって平静ではない状態を意味します。

「ヤキモキ」の場合は、気をもんだり、心配することを表します。

「ヤキモチ」とは?

「ヤキモチ」は嫉妬や妬みのことです。

焼いた餅のことも意味します。

「焼く」には嫉妬するという意味があり、そこにモチを添えた言葉です。

嫉妬は、自分より優れている人をうらやむことや、愛する人の愛情が他に向けられることを恨み憎しむことを意味します。

「ヤキモチ」は嫉妬と同じ意味ですが、話し言葉では嫉妬よりも「ヤキモチ」が多く使われます。

「ヤキモキ」と「ヤキモチ」の違い

「ヤキモキ」は、状況がわからず気をもむことや心配することを意味します。

「ヤキモチ」は、嫉妬のことです。

つまり、優れている人をうらやんだり、愛情が他に向けられることを恨み憎しむことを意味します。

まとめ

一字違いの言葉ですが、「ヤキモキ」は気をもむ、「ヤキモチ」は嫉妬すると、意味が異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典