スポンサーリンク

「ユニバーサル」と「グローバル」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ユニバーサル」と「グローバル」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ユニバーサル」「グローバル」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「ユニバーサル」とは?

「ユニバーサル」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ユニバーサル」は英語表記にすると「universal」となります。

「ユニバーサル」には「一般的である様子。

また全てに共通である様子。

普遍的」
などという意味があります。

どの国でも、どの場所でも通用するようなことを「ユニバーサル」と呼びます。

一方で「ユニバーサル」には「宇宙的な様子。

全世界的」
という意味があります。

例えば、「ユニバーサルサービス」という言葉があります。

「ユニバーサルサービス」には「全国一律に妥当な料金で、また安定的に提供されるサービスのこと」という意味があります。

例えば、郵便局の利用料金は全国一律で、安定的に提供されていると言えるため、「ユニバーサルサービス」と言えるでしょう。

「グローバル」とは?

「グローバル」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「グローバル」は英語表記にすると「global」となります。

「グローバル」「世界的な規模であるという様子。

包括的」
という意味があります。

例えば誰かの考えが、ある国の常識などに偏ってなく、全世界的だと感じられる場合は、「グローバルな考え」「グローバルな視点」などと言われます。

また、全世界で利用されているインターネットのIPアドレスのことを「グローバルアドレス」と言います。

日本の中でしか通用しない仕事のやり方では、近い将来に困ることになると感じた企業が、「グローバルを意識して仕事をする」などと言います。

「ユニバーサル」と「グローバル」の違い

「ユニバーサル」「グローバル」の違いを、分かりやすく解説します。

「ユニバーサル」「一般的である様子。

また全てに共通である様子。

普遍的」
という意味があります。

一方「グローバル」「世界的な規模であるという様子。

包括的」
という意味があります。

どちらも、大きな世界について意味する言葉になりますが、「ユニバーサル」「普遍的」という意味が強く、「グローバル」「地球規模」という意味が強くなります。

「世界」を意識した言葉が、「グローバル」なのに対して、「一般的で普遍的」という部分を意識した言葉が「ユニバーサル」という違いがあります。

また「グローバル」「地球」を意味する「グローブ」から派生した言葉で、「ユニバーサル」「宇宙」を意味する、「ユニバース」から派生した言葉になります。

そのため、「ユニバーサル」の方が、取り扱える規模が大きいと考えることができます。

まとめ

「ユニバーサル」「グローバル」の違いについて見てきました。

大きな世界を扱う2つの言葉には、「ユニバーサル」「地球規模」「ユニバーサル」「普遍的」という意味の違いがありました。

正確な意味を知ることで、使い分けることができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典