スポンサーリンク

「ラディカル」とは?意味や使い方、分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ラディカル」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ラディカル」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ラディカル」とは?意味

「ラディカル」は、意味については、2つの意味があり、今の現状を示す言葉として使用され、意味においては、過激である様や急進的に変化する様を意味します。

そしてもう一つの意味が、根源という意味があり、「ラディカル」は、根源のことを指すために使用するのです。

「ラディカル」の概要

「ラディカル」は、ラテン語で根っこという意味があり、根っこ=根源であることから、人間が持つ思想そのものや政治基盤という意味で使用されます。

その上で、「ラディカル」「ラジカル」という言葉がありますが、実は両者は同じ言葉で何故若干言葉が異なるかを説明しますと、これは発音のしやすさがあり、「ラジカル」の方が発音しやすいが故、どちらを使用しても意味は同じと日本ではみなしています。

「ラディカル」の言葉の使い方や使われ方

「ラディカル」は思想だったり、政治の基盤として使用されたり、化学でも用いられます。

なお、意味においては、思想の場合、先進的な考えや過激な考えのことを意味し、政治も同様ですが、化学の場合、不対電子を持つ化合物であるかどうかです。

「ラディカル」を使った例文

・『ラディカル塗料』
この例は、化学の「ラディカル」を使用しており、意味は不対電子を持つ塗料です。

簡単に言えば、塗料自体が物質を劣化させる特性があるのですが、代わりにこの塗料は高い隠蔽率があります。

ですが、このままでは使用できない不安定な塗料であるため、安定剤である安定剤を入れることで塗料を安定化し、光という刺激を受けると不安定になり物質を劣化させるという特性をなくすのです。

こうすることで隠蔽率が長期に至り確立された塗料へと変化します。

・『ラディカルな政治体制』
この例は、政治体制自体が、急進的で変革に飛んでいるという意味です。

ただ、先進的であるが故国民は変革に振り回されてしまい、場合によっては政権が転覆する可能性もあるのが、「ラディカル」という先進思想の弱点になります。

つまり、「ラディカル」は思想においては新しいものを取り入れるという仕組み上、それを望まない人物が増加してくると転覆するのです。

まとめ

「ラディカル」という言葉は、おおよそ目にしたり耳にしたことがあるのは、塗料か思想などで塗料の場合、「ラジカル塗料」と言われていて、物を侵食して駄目にする塗料であるが、安定剤を入れることで物質が安定化するという塗料だと言われると理解してもらえるでしょう。

化学で言う「ラディカル」は不安定である物質があることで、衝撃だったり何か要素が加わると別の物に変化しようとすることで、塗料においては、光という物が何かの要素で、光が加わると物体を侵食するのです。

しかし、対策法があり、安定剤を入れるとこのなにかが加わると不安定になるという性質を中和するが故、塗料においては安定して使用できる住宅用塗料として知られています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典