スポンサーリンク

「リアテックシート」と「ダイノックシート」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「リアテックシート」と「ダイノックシート」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「リアテックシート」「ダイノックシート」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「リアテックシート」とは?

「リアテックシート」とは、「株式会社サンゲツが製造している内装用の塩ビ系フィルムシート(カッティングシート)」です。

「リアテックシート」の主な用途は「壁・ドア・家具などに貼る印刷化粧フィルム」で、「さまざまな色・レザータイプ・メタリックタイプ・木目調・石目調」などの種類が多く用意されています。

「リアテックシート」には、貼った場所をホワイトボードにできる「ホワイトボードシート」もあります。

「ダイノックシート」とは?

「ダイノックシート」とは、「3Mジャパン株式会社が製造している内装用の塩ビ系フィルムシート(カッティングシート)」です。

「ダイノックシート」の主な用途は「壁・ドア・家具などに貼る印刷化粧フィルム」で、「さまざまな色・カーボンタイプ・メタリックタイプ・木目調・石目調」などの種類が多く用意されています。

「ダイノックシート」は塩ビ系フィルムシートでもっとも知名度・シェアが高いため、他社製商品も「ダイノック」と呼ばれることがあります。

「リアテックシート」と「ダイノックシート」の違い!

「リアテックシート」「ダイノックシート」の違いを、分かりやすく解説します。

「リアテックシート」「ダイノックシート」はどちらも「内装用・装飾用の塩ビ製のフィルムシートの商品名」を意味していますが、「リアテックシート」というのは「株式会社サンゲツが製造している装飾用の塩ビ系フィルムシート」のことです。

「リアテックシート」に対して「ダイノックシート」のほうは、「3Mジャパン株式会社が製造している装飾用の塩ビ系フィルムシート・もっともポピュラーで使用率も高い塩ビフィルムシートで他社製のものもダイノックと呼ばれる」を意味している違いがあります。

まとめ

「リアテックシート」「ダイノックシート」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「リアテックシート」とは「株式会社サンゲツが製造している装飾用の塩ビ系フィルムシート」を意味していて、「ダイノックシート」「スリーエムジャパン(3Mジャパン)株式会社が製造している装飾用の塩ビ系フィルムシート」を意味している違いがあります。

「リアテックシート」「ダイノックシート」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典