スポンサーリンク

「リア充演出」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「リア充演出」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「リア充演出」【リアじゅうえんしゅつ】の意味や使い方、例文を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「リア充演出」とは?

「リア充演出」とは、現実で楽しくもなく、面白いことさえないけど、あたかも幸せだと感じている姿を伝えることで「リア充」と思わせる演出するという意味があります。

本当は友達も恋人も、家族すら揃わない悲しい現実を送っているのに、毎日が充実し、楽しくて仕方がないと思わせるテクニックを使い、画像見る人が「いいね」と感じるような世界を見せて、こんなにも充実しているよと伝えるのが「リア充演出」の目的です。

この演出するのは主に若者がお洒落な服装してみたり、趣味や特技を披露するSNSであり、同じように自分も素敵に飾り、まるで人気モデルか、容姿端麗の美人かイケメンになったようにして楽しみます。

「リア充演出」の概要

現実的には友達と遊びに行くこともなく、お洒落して外出するとか、恋人とデートすらできない現実であるのに、SNSでは自分を着飾り、毎日が充実しているとアピールするのが「リア充演出」です。

この「リア充演出」するのは、お洒落なファッションコーデする人たちが自分なりの着こなしを見せて楽しむ“Instagram”(インスタグラム)であり、自分はファッションに詳しく、実生活でもこのような服を着て、お洒落な街に行っていると伝えて楽しみます。

「見栄の張り合い」とも呼ばれるSNSでは、いかに人よりもお洒落ができるか競う所でもあるので、近頃は主婦同士が競い、人よりもお洒落であるかを伝える場所として使っています。

「リア充演出」の言葉の使い方や使われ方

普段はちっとも楽しいこともなく、お洒落して外出などしない人が、いきなりブランドの派手な服を素敵にコーデした姿をスマートフォンで撮り、Instagramで画像を披露することを「リア充演出」と言います。

女性であればあたかもセレブが着るような服を着て、派手な生活を送っているように花束や絵画を飾っては金持ちのように演出し、男性であれば美女に囲まれながら楽しく会話する姿を投稿するのもこの「リアル充演出」の特徴です。

“TikTok”(ティックトック)ではダンスを踊って楽しい人生を送っている、豪華な料理を並べて食べることで自分は優雅な生活を送る、笑顔を見せていかにも楽しい日々を送っているなど人に自慢する動画を撮影して投稿して、いかにリア充な生活しているかをアピールするのも「リア充演出」と言います。

「リア充演出」を使った例文(使用例)

・『SNS上だけの友達を一時的に借りて、Instagramで人気を集める画像を制作する人もいる』
・『驚くほどリア充を感じさせる演出ができる写真が揃うサービスがある』
・『ママ友も圧倒するリア充代行で日常の充実感を見せられるサービスが話題だ』
友達を一時的にレンタルすることで普段から多くの人と楽しみ、生活しているという「リア充演出」が話題です。

その「リア充演出」を簡単に制作できる写真がいろいろ揃うサービスがあり、素敵な生活を繰り広げてはSNSに投稿して毎日を充実させる人もいます。

近頃はママ友もリア充代行サービスを利用して、敵視する人へ充実した生活を演出して見せる主婦が増えています。

まとめ

あたかも楽しく、充実しているかのような演出できるようコーデしたり、サービスを利用して素敵な生活見せる工夫しています。

自分も毎日のつまらない生活を明るく、楽しいものにしたいと思ったときはSNSで「リア充演出」の方法を学んでみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典