スポンサーリンク

「リザルト」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「リザルト」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「リザルト」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「リザルト」とは?意味

「リザルト」は、結果や成績という意味を持ち、日常生活においては、テレビゲームなどで「リザルト画面」という項目で目にすることが多いです。

「リザルト画面」は、ゲームの成績を表す言葉でプレイヤーのゲーム内での成績を表します。

また、「リザルト」は、成績に影響するものや結果に影響するものであれば、なんでも「リザルト」とすることができ、例えばF1カーのタイムなども「リザルト」で表示すればマシンの速さを成績や結果であると置き換えることが可能です。

「リザルト」の概要

日本においては、「リザルト」という言葉をよく目にするのは、テレビゲームであると言えます。

これは、テレビゲーム上での成績を示しており、海外でも結果という形で使用されています。

日本の場合、「リザルト」は成績を表しますが海外の場合、ちょっとだけ異なり、必ずしも、「成績」を示すわけではないです。

海外の場合、成績表のことをreport cardと呼び、「リザルト」は使用しません。

これは、通知表という言葉が、報告書に当たるということになるため、「リザルト」を使用しないのです。

このように、「リザルト」を成績とするのは案外と日本だけである可能性もあります。

「リザルト」の言葉の使い方や使われ方

「リザルト」は、日本ではテレビゲームの成績や点数などのスコアを表示する際使用されます。

「リザルト」を使った例文

・『ゲームオーバーでリザルト画面にすら行けやしねえ』
この例は、プレイしたゲームがゲームオーバーにより、成績やスコアを発表する画面にすら到達できなかったという例です。

ゲームにもよりますが、「リザルト画面」という画面で成績や点数などのスコアを表示する際、一つのステージをクリアしてから発表という方法を取っている場合、ゲームオーバーになると「リザルト画面」に入らないことがあります。

・『水泳はリザルトという言葉をよく耳にする』
この例は、水泳は、結果という意味を持つ「リザルト」という言葉をよく聞くという例です。

その理由は、水泳は競技場タイムを競うのですが、この時「リザルト」という言葉を用いて結果を知らせます。

でも、陸上競技でもタイムを競うから使用するのでは?と思われるでしょうが、陸上と会場の競技を分けるという意味合いから、陸上では「リザルト」は使用してないのです。

まとめ

「リザルト」という言葉は一見するとカタカナの和製英語に聞こえますが、実は立派な英語で、意味は結果や成績を表します。

しかしながら、この言葉を目にしたり、耳にするのはテレビゲームなどが多く、スポーツの世界でも結果や成績を意味する「リザルト」は日本では以外にも使用されてません。

海外であれば、F1などは「リザルト」という言葉を使用してチームの成績やドライバーの成績を示しますが、日本では、ランキングという言葉を使用しています。

その為、「リザルト」は日本においては何故かあまり普及していない言葉でスポーツについては水泳あたりでしか使用されていない言葉が「リザルト」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典