スポンサーリンク

「リスキル」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「リスキル」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「リスキル」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「リスキル」とは?意味

「リスキル」は、リスポーンキルという言葉の略称で意味は、開始地点に戻ったものを再び殺害するという意味です。

主に、ネットワーク型の対戦ゲームで使用される言葉で、プレイヤーが殺害されると開始地点に戻るタイプのゲームでサイトプレイヤーが配置されるまで待った挙句、再度同じプレイヤーを殺害する行為のことを「リスキル」と呼びます。

他にも、「リスキル」は、リスキリングという意味もあり、この意味は、新入社員や既存の社員が新しく技能を習得するために今ある技能を捨てて新しい技能を学ぶ際学習のことを指す場合もあります。

「リスキル」の概要

「リスキル」と言われると、社会人方は制度としてあるリスキリングを思い浮かべる方が多いでしょう。

リスキリングはいわば、再学習のことで会社側が新しい技能を会社員に学ばせるという物です。

一方、オンライン型の対戦ゲームでは、「リスキル」はリスポーン地点に戻ったプレイヤーを再度殺害することを意味し、両者は全く異なる意味です。

一応、両者とも「リスキル」と言われる言葉になりますので覚えておいて損はなく、会社で使用する「リスキル」は再学習、ゲームの「リスキル」はスタート地点に戻ったプレイヤーを再度殺害と覚えておくとよいでしょう。

「リスキル」の言葉の使い方や使われ方

「リスキル」は、ゲームに参加しているプレイヤーの再殺害や、社会人においては、会社で新しい技能を得るための再学習のことを言う場合に使用します。

「リスキル」を使った例文

・『リスキルはやりすぎると追放される対象になる』
この例は、プレイヤーが最初の地点に戻るシステムを悪用して何度も殺害をしていると追放されるという物です。

何故追放されるかは殺害されたプレイヤーは装備を失うというシステムの場合、スタート地点に戻された場合、抵抗するだけの武器がないため、何度も殺害をされれば、「リスキル」を行う人物を追放しようとする動きに移行し、追放理由は弱者をいたぶるが故ゲームにならない点があげられます。

・『リスキルは企業が取り入れるべき学習法』
この例は、社員の能力を伸ばす再学習という方法を取り入れるべきとした例です。

「リスキル」は、企業においてはリスキリングと言われ、再学習を意味します。

まとめ

「リスキル」は、オンライン型の対戦ゲームにおいてはやりすぎるとゲームシステムが崩壊するため追放される対象になりやすいです。

しかも、この方法はテクニックというより単なるシステムの欠陥を突いたただの卑怯な戦法であるが故あまり好まれません。

一方、企業が実地する「リスキル」は社員からすれば新しい技能を獲得できるので好まれる「リスキル」です。

このように「リスキル」は、ゲームと企業においては意味が異なり、一方では嫌われる行為、もう一方では行為を持たれる行為であると言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典