スポンサーリンク

「リスケ」と「キャンセル」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「リスケ」と「キャンセル」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「リスケ」「キャンセル」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「リスケ」とは?

「リスケ」は、「リスケジュール」を略した言葉で、以下の2つの意味があります。

1つ目は「スケジュールを変更する」という意味で、それまで予定していた計画や日程を変更することで「社外プレゼンをリスケする」などと言います。

2つ目は「予定を調整する」と言う意味で、それまで予定していた計画や日程を変更して、更に各メンバーの都合を聞いて改めて予定を組み直すことで、「リスケで手間取っている」などと言います。

「リスケジュール」は英語で“reschedule”と書き、「計画の変更」という意味です。

ビジネス用語では「計画の変更」だけではなく、それに伴う仕切り直しや調整などの作業も含めて使われます。

「キャンセル」とは?

「キャンセル」は、以下の3つの意味があります。

1つ目は「ビジネスで契約を取り消すこと」という意味で、「大口注文がキャンセルになった」などと言います。

2つ目は「約束や予定を取り消すこと」という意味で「旅行をキャンセルした」などと言います。

3つ目が「コンピュータで実行中のプログラムや操作を中断すること」という意味で「データ処理をキャンセルする」などと言います。

上記に共通するのは「現在進行しているものごとを取り消す」という意味です。

「リスケ」と「キャンセル」の違い!

「リスケ」「スケジュールを変更すること」「予定を調整すること」です。

「キャンセル」「現在進行しているものごとを取り消すこと」です。

まとめ

今回は「リスケ」「キャンセル」の違いをお伝えしました。

「リスケは変更と調整」「キャンセルは取り消す」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典