スポンサーリンク

「リップサービス」とは?意味や使い方、分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「リップサービス」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「リップサービス」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「リップサービス」とは?意味

「リップサービス」とは、「相手の機嫌を取るために、口先だけで相手を褒めたり喜ばせたりすること」を意味しています。

「リップサービス」という表現には、「本心(本音)ではそう思っていないけど、言葉だけで相手が喜ぶようなことを言うサービス」といった意味のニュアンスがあります。

「リップサービス」は平たく言えば、相手に追従してご機嫌取りをする時の「お世辞・おべっか」のことを指しているのです。

ただし、「リップサービス」「異性を気に入っているような素振りをして、心にもない誘い文句や褒め言葉を言う」といったニュアンスが「お世辞」よりも強くなっている違いがあります。

「リップサービス」の概要

「リップサービス」という俗語(スラング)は、「本音では違うように考えていながら、口先だけで相手をウキウキさせるような調子の良い発言をすること」を示唆しています。

「リップサービス」は、英語で「lip service」と表記します。

「lip」とは「唇(くちびる)・唇から発せられる言葉」「service」とは「他者のために奉仕すること・顧客や他者を喜ばせるため(利便を高めるため)に行うサービス」のことを意味しています。

「リップ+サービス=リップサービス」で、「唇(唇から出てくる言葉)を使ったサービス=口先から出る言葉だけで相手の機嫌を良くするサービス」という意味合いになるのです。

「リップサービス」の言葉の使い方や使われ方

「リップサービス」の言葉の使い方は、「本当はそんなことを全く思ってもいないくせに、言葉づらだけで相手を気分良くさせるために調子の良いことを言うこと」を意味して使う使い方になります。

「リップサービス」というスラング(俗語)は、「口先だけで相手の機嫌を取るような言葉をかけること」「軽口のような言葉を使って相手を気持ちよくさせる一時的なサービス」といった意味合いで使われているのです。

また「リップサービス」の異性関係(男女関係)に限定される使い方として、「異性(主に男性)を喜ばせるような口先だけのお世辞・誘い文句」の意味で使うことができます。

「リップサービス」の類語・言い換え

・『お世辞(おせじ)』……他人を気持ちよくさせる愛想の良い言葉。

本心がどうであれ、相手の機嫌を良くするために褒めること。

・『ご追従(ごついしょう)』……相手の言い分や価値観に素直に従うような調子の良い言葉や態度。

・『社交辞令(しゃこうじれい)』……人間関係・社会生活をスムーズに進めるための儀礼的なやり取りやその場限りの褒め言葉、誘いに対してOKするような素振り(実際にはOKではない)。

まとめ

「リップサービス」という俗語(スラング)の意味や類語を分かりやすく説明しましたが、いかがでしたか?

「リップサービス」の言葉は、「口先だけで相手を気分良くさせるサービス・言葉だけで一時的に相手を持ち上げて喜ばせること」の意味合いを持っています。

「リップサービス」の意味・概要・言い換えなどについて詳しくリサーチしたい人は、この記事の内容を参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典