スポンサーリンク

「ルポルタージュ」と「ノンフィクション」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ルポルタージュ」と「ノンフィクション」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ルポルタージュ」「ノンフィクション」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ルポルタージュ」とは?

「ルポルタージュ」は日本語に直訳すると「現地報道」という意味です。

実際に現地に赴き、現地での事件やニュース、生活を報告します。

ジャーナリストや記者が行うルポルタージュは、メディアに報告され、ニュースとして報道されます。

文学のジャンルのひとつとしても有名です。

虚構を加えず、客観的に書かれます。

「ノンフィクション」とは?

「ノンフィクション」とは「事実に基づき作られた作品」のことです。

「フィクション」の否定形であり、「フィクションではない」という意味合いを持ちます。

空想ではない事実に即して作られた作品全般のことを「ノンフィクション」と言います。

文学に限らず、映像作品についても用いられる言葉です。

「ルポタージュ」と「ノンフィクション」の違い

「ルポタージュ」「ノンフィクション」の違いを、分かりやすく解説します。

「ルポルタージュ」「ノンフィクション」も、虚構を加えていないという点は同じです。

しかし「ルポルタージュ」「現地からの報告」というジャンルのみを指す言葉なのに対し、「ノンフィクション」「事実に基づく作品」全てを指す言葉です。

「ルポルタージュ」「ノンフィクション」に含まれます。

またもう一つ異なる点として、「ノンフィクション」は作り手によって見せ方が工夫されるなど作品の趣きが強い場合がありますが、「ルポルタージュ」は報道の趣きが重視して書かれる傾向にあります。

まとめ

「ルポルタージュ」は現地報道という意味です。

現地から事件や生活などをレポートしたニュースや文学のことを指します。

「ノンフィクション」は事実に基づいた作品全般のことを指します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典