スポンサーリンク

「レインズ」と「ATBB」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「レインズ」と「ATBB」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「レインズ」「ATBB」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「レインズ」とは?

「レインズ」とは、「国土交通相から指定を受けている不動産流通機構が運営している、約500項目もチェック欄がある不動産業者専用のサイト」です。

「レインズ」という名前は“REINS”(“Real Estate Information Network System”)」に由来していて、駅前の賃貸中心の不動産会社はほぼ利用しています。

「ATBB」とは?

「ATBB」とは、「株式会社アットホームが運営している元付け・客付けにとってのユーザビリティーが高いとされている不動産業者(加盟者)専用のサイト」です。

「ATBB」は民間会社が運営していてサイトの使いやすさにかなり配慮されているので、「レインズ」よりも「物件の登録・検索・閲覧が簡単にしやすい」というメリットがあります。

「レインズ」と「ATBB」の違い!

「レインズ」「ATBB」の違いを、分かりやすく解説します。

「レインズ」「ATBB」はどちらも「不動産業者専用の情報サイト」を意味していますが、「レインズ」は運営者が「国土交通相指定を受けた不動産流通機構」ですが、「ATBB」のほうは「株式会社アットホーム」であるという違いがあります。

「レインズ」「駅前の賃貸物件をメインにした不動産会社」の利用率が高いのに対して、「ATBB」のほうは「賃貸物件の元付け・客付けをしたい不動産会社全般」の利用率が高く「サイトのユーザビリティー(使い勝手)が高い」という違いも指摘できます。

まとめ

「レインズ」「ATBB」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「レインズ」とは「国土交通相から指定を受けた不動産流通機構が運営している不動産業者専用のサイト」を意味していて、「ATBB」「アットホームが運営している元付け・客付けのユーザビリティーが高い加盟者専用のサイト」を意味している違いがあります。

「レインズ」「ATBB」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典