スポンサーリンク

「レッテルを貼る」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「レッテルを貼る」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人の性格や能力を自分で判断して決めつける行為は「レッテルを貼る」と表現されます。

この記事では、「レッテルを貼る」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「レッテルを貼る」とは?意味

「レッテルを貼る」とは、特定の相手や人物に対して自分が判断した性格や能力を当てはめたり、格付けをする行為を表す言葉です。

元々の「レッテル」という言葉はオランダ語の“letter”であり、これは単純な文字をいう意味でした。

この文字を使ったものを商品に貼り付ける際に明治時代では「レッテル」が使われていましたが、徐々に英語の「ラベル」に置き換わりました。

「レッテルを貼る」の概要

「レッテルを貼る」という行為は基本的に一方的な価値判断や偏見を押し付けるものであり、ネガティブな行為として嫌われることが多いのが特徴です。

勝手に評価や価値を押し付けることから様々な人間関係のトラブルに派生することが多く、対面のコミュニケーションやインターネットのやり取りまで様々な場面で「レッテルを貼る」行為は発生します。

「レッテル」の意味は「ラベル」とほぼ同じものであり、他人に対して不当な性格や格付けをラベルのように貼り付ける行為に対して使われます。

「レッテルを貼る」行為は時に研究者が特殊なカテゴリー分けをする方法として使われることがあり、適切に使えば社会分析のメソッドとして役に立つものです。

「レッテルを貼る」は2015年の流行語大賞に選ばれましたが、この時代では様々なネットの掲示板やSNSの大きな発達があったのも原因でしょう。

「レッテルを貼る」の言葉の使い方や使われ方

「レッテルを貼る」は基本的にネガティブな意味として使われる言葉です。

相手や他人のことをしっかり理解せずに勝手にイメージを決めつけたり、価値判断を押し付けることから嫌われる行為として有名です。

対面的なコミュニケーションよりも最近では匿名のネットからの「レッテルを貼る」行為も増えてきており、様々なトラブルを生み出しています。

「レッテルを貼る」の類義語としては「ラベリング」がありますが、こちらは学問の分析方法として「ラベリング理論」などが有名です。

「レッテルを貼る」を使った例文(使用例)

・『社会的な弱者に対してレッテルを貼る行為は差別の原因となるので、止めるべきだ』
・『彼は誰に対してもレッテルを貼ることで有名なので、いちいち相手しない方がいいですよ』
・『社会分析としてレッテルを貼る方法は以外にも効果的だが、扱い方を間違えると分析そのものがひっくり返ってしまうので気を付けましょう』

まとめ

「レッテルを貼る」行為は基本的に主観的なものであり、相手の本当の姿と異なることが多いのでトラブルが起きやすいのが特徴です。

「レッテルを貼る」行為は最近だと匿名性の高いネット上で増えてきましたが、最近では対抗手段として様々な方法が生み出されており不当なものは訴えることが可能になりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典