スポンサーリンク

「レディ」と「ウーマン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「レディ」と「ウーマン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「レディ」「ウーマン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「レディ」とは?

「レディ」とは淑女、貴婦人のこと。

イギリスの貴婦人に用いられる儀礼称号でもあります。

英語では“lady”と表記。

対義語は男性に対して用る“gentlemens’”(ジェントルマン=紳士)です。

「レディ」は主に身分の高い女性、高貴な女性をあらわす言葉ですが、現在は上品なふるまいをする女性やおしとやかな女性、魅力的な女性に対しても広く用いられます。

女性に尊敬の意を示す時に使う言葉で、全ての女性に対し「レディ」と呼ぶことが可能です。

日本語で言えば「お嬢様」「ご婦人」などが「レディ」に近い意味を持ちます。

また、国家元首夫人は「ファーストレディ」と称されますが、この場合の「レディ」には「権威を持つ女性」という意味が含まれます。

「ウーマン」とは?

「ウーマン」は成人した女性を指す言葉。

英語では“woman”と表記します。

対義語は大人の男性を意味する“man’”(マン)です。

「ウーマン」は、主に成人した女性に対して用いられ、未成年の女性は「ウーマン」ではなく“girl”(ガール)と呼びます。

女性をあらわす英語には“female”もあります。

単に性別を区分するときは“female”を使いますが、生物学に分類した場合のメスを意味しているので、特定の女性に対しては“woman”と呼ぶのがマナーです。

「レディ」と「ウーマン」の違い

「レディ」「ウーマン」の違いを、分かりやすく解説します。

「レディ」は淑女や貴婦人を指し、女性に対して尊敬の意をあらわす時に使われます。

対して「ウーマン」は大人の女性全般に対して使われます。

「レディ」は相手の年齢に関係なく使えますが「ウーマン」は成人女性全般を指すので、未成年の女性には使えない、という違いがあります。

大人の女性に対して「ウーマン」より丁寧な呼び方をしたい時に「レディ」を使うとよいでしょう。

まとめ

「レディ」「ウーマン」はどちらも女性を意味しますが、持っている意味と使うシーンが少し異なることを説明しました。

円滑なコミュニケーションを取るためにも正しい使い分けをマスターしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典