スポンサーリンク

「レベチ」と「ダンチ」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「レベチ」と「ダンチ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「レベチ」「ダンチ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「?べチ」とは?

「レベチ」は、比べる物のレベルが違うことを意味する言葉です。

同じ言葉に、「ダンチ」があり同じ意味として用いられますが、実は、「レベチ」の方が「ダンチ」よりも比べる者との間に数字で差を示すことができます。

「ダンチ」とは?

「ダンチ」は、一段違いがあるという意味の言葉で、「レベチ」と同じ意味です。

ですが、一段異なるという仕組み上、実は大して差に開きはないとも言えます。

また、段は数字で違いを示していますが一段ずつ数字が変化している仕組み上、違いについてあまり正確に把握できないです。

「レベチ」と「ダンチ」の違い

「レベチ」「ダンチ」の違いは、数字に置き換えた際、はっきり違いが分かるかどうかです。

例えば、「ダンチ」は、2段レベルが違う、と言われてもあまりピンときませんが、「レベチ」は、レベルが2違う、レベルが20違うと言われるとおおよそのパラメーターを把握し、どの程度レベルが異なるか頭の中で想像可能です。

これは、段という仕組みがレベルというパラメータ化した数字よりも複雑であるが故、理解する際、数字に置き換えた際はっきり表れます。

「レベチ」の例文

・『君と僕とでは、20程?べチだ』

この例は、対象者との間に20の位程のパラメータ化したずれがあるという例です。

「レベチ」は数字で置き換えることでおおよそのパラメータを頭の中に作り出し、違いを数字化ができます。

この例は数字化して対象との間に20程のパラメータ的な違いがあるとしています。

両者の実力の違いを、数字化することでかなう相手かそうではないかを示したのが「レベチ」です。

「ダンチ」の例文

・『君の実力は僕と比較した際、ダンチだ』

この例は、両者の実力を段という仕組みで異なるとしていますが、実は場合によっては大して差が開いてない可能性もあります。

しかも「ダンチ」は上記のように使用した場合、どちらが実力者であるかわからないという事態にもなり、何故そうなるかはパラメータ化して数字化していないが故、どの程度実力が離れているかわからないからです。

まとめ

「レベチ」「ダンチ」の違いは、パラメータ化して数字化して両者の実力を測定した際、分かりやすいかどうかです。

レベルは、一から100までを実力のレベル的パラメーターであると仮定した場合、50であれば半分の実力で余裕で勝つことができるとします。

ですが、段はそうならず、「ダンチ」は、1段から8段または20段とあっても仕組み上パラメーターを数字化できてないが故、実力がはっきりわかりません。

その為、「レベチ」の方が実力を比較する際、とても比較しやすく、「レベチ」で100程実力が離れていると言われた場合には、たとえ全力を出しても相手に通用しないと言い切られているのです。

逆に「ダンチ」は師範と言われる段でも格下に負けるときは負けますので大きく実力が異なると言い切れません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典