「レポート用紙」と「コピー用紙」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「レポート用紙」と「コピー用紙」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「レポート用紙」「コピー用紙」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「レポート用紙」とは?

「レポート用紙」の意味と概要について紹介します。

「レポート用紙」の意味

「レポート用紙」とは、「罫線が入っていて、一枚ずつはがして使える冊子タイプの用紙のこと」です。

「レポート用紙」の概要

「レポート用紙」は、罫線や方眼になっていて、文字を書くのに向いている用紙のことを言います。

端の部分がのりなどで綴りになっていたり、ミシン目が付いていて、一枚ずつはがしてメモ用紙としても使えます。

「レポート用紙」と言う様に、ビジネスや学校など、人に対して内容を報告する為に使われます。

サイズはA4からB5が一般的で、バッグに入れて持ち歩ける大きさになっています。

紙の質は「コピー用紙」よりも薄手で、ざらつきがあり、鉛筆やボールペンなどのノリが良く書き易くなっています。

「コピー用紙」とは?

「コピー用紙」の意味と概要について紹介します。

「コピー用紙」の意味

「コピー用紙」とは、「OA機器用として一般的に使用されている紙のこと」です。

「コピー用紙」の概要

「コピー用紙」は、コピーマシンに使われる用紙で、品質はあまり良くありませんが、値段が安く大量に購入してオフィスにストックされているものを言います。

コピーだけではなく、パソコンのプリンターにも使われています。

書類のコピーや印刷に使われる紙であり、鉛筆やボールペンで書くとノリが悪くて書きにくく感じます。

また、品質が良くないので、画像を印刷するとぼやけてしまいます。

事務用品売り場では「PPC用紙」として販売されています。

「レポート用紙」と「コピー用紙」の違い!

「レポート用紙」「罫線が入っていて、一枚ずつはがして使える冊子タイプの用紙のこと」です。

「コピー用紙」「OA機器用として一般的に使用されている紙のこと」です。

まとめ

今回は「レポート用紙」「コピー用紙」の違いをお伝えしました。

「レポート用紙は手書き用」「コピー用紙は印刷用」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典