スポンサーリンク

「レンタカー」と「カーシェア」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「レンタカー」と「カーシェア」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「レンタカー」「カーシェア」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「レンタカー」とは?

「レンタカー」は、カーレンタルを行っている事業者に出向いて自動車をレンタルする手法です。

この方法の利点は、たくさんある種類の自動車を選ぶことが可能ですが、ガソリンは利用者の方が満タンにして返す必要性があります。

「カーシェア」とは?

「カーシェア」は、一つの自動車を複数人で借りることで、利用者は分単位で利用料を支払います。

店頭でのリース契約をしないでインターネット上でリース契約を行う点が「レンタカー」と異なります。

「レンタカー」と「カーシェア」の違い

「レンタカー」「カーシェア」の違いは、事業者に出向いて自分の望む自動車を借りることができるか、インターネット上で空いている自動車を借りて集団で利用している自動車の一台を利用できるよう契約するかという違いです。

「カーシェア」は、集団で一台の自動車を借りるという特性上、利用者の一人が問題となる行動、自動車を汚すなどを行えば、それらは他の利用者にも影響を与えます。

しかし、「レンタカー」は、レンタルごとに返却を行うため、清掃サービスがあり、ガソリンを満タンにして返す必要性はありますが、万が一利用者が汚しても清掃を行うため、自動車は綺麗な状態のまま第3者に引き継がれるのです。

「レンタカー」の例文

・『レンタカーショップで、ヤリスをレンタルする』 この例は、自動車の時間レンタルを行っている事業者でトヨタのヤリスを借りたという例です。

「レンタカー」は事業者が取り揃えている自動車の中から自由に借りたい自動車を選ぶことができ、このケースではトヨタのヤリスを借りました。

「カーシェア」の例文

・『カーシェアしていた車がいつの間にか、傷だらけになっていた』 この例は、「カーシェア」という方法の問題の一つで、複数人で一つの車を借りるという特性上、車が傷だらけになっていても契約は継続します。

このケースは何があったのかはわかりませんが、「カーシェア」会社に一応報告すれば自動車を変えることは可能ですが、傷だらけにした人物を見つけ出す必要性があったりとかなり面倒です。

なお犯人の特定は、「カーシェア」会社が取り付けたドライブレコーダーから特定が可能です。

まとめ

「レンタカー」「カーシェア」の違いは、自分が望む自動車を時間単位で借りるか、自由に選ぶことができないが格安で集団で一つの車を借りるかになります。

「レンタカー」は特性上、利用料が高くなりますが利点もあり、事故の時の保険や自動車自体の清掃などが行き届いているなどの利点があります。

一方、「カーシェア」は集団で借りる自動車であるため、自動車のメンテナンスは集団に移行されるため、皆が自動車を借りて利用することについて協力的でなければ成り立たないビジネスです。

しかも、「カーシェア」は、人身が絡まない単独の事故などにおいてはドライブレコーダーが取り付けられていないとぶつけた犯人の特定が難しくなり、複数人の利用者の中から犯人を見つけなければならないなど問題もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典