スポンサーリンク

「ロフト」と「屋根裏収納」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ロフト」と「屋根裏収納」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ロフト」「屋根裏収納」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ロフト」とは?

「ロフト」は、リビングの天井を高くして開放的な空間にしたうえでリビングに階段を作り上部にアクセス可能な収納スペースや多目的な室内を作ることです。

「ロフト」は、収納スペースや多目的な室内となる室内の天井を高くすることで開放的な室内空間を作り出したついでに収納スペースを作ることにあります。

また、「ロフト」は、室内自体の高さが1. 4メートルという制約があり、この制約を超えるとそれはもう一階層ある部屋だとなり、「ロフト」は成立しません。

「ロフト」の使い方

「ロフト」は、室内の高さが1. 4メートルという制約があるため、実は案外とその場所を収納スペースとして使用する場合、物が取り出しにくいという、問題が生じ、案外と物置として使用しないケースが多いです。

逆に子供の身長であれば、子供の遊び場にすることが可能ですが、子供が成長した場合、不要なスペースとなります。

「屋根裏収納」とは?

「屋根裏収納」は、2階建てか1階建ての家の天井上部に収納スペースを設けたことです。

ただし、この収納スペースは高さが1. 4メートルでなければ一部屋あるとなり、もう一階層部屋があるということになり、2階建てであれば、3階建て、1階建てであれば2階建てという扱いになり、階層自体が変わってしまいます。

その為、収納スペースは必ず、高さが1. 4メートル以下でなければならないのです。

「屋根裏収納」の使い方

「屋根裏収納」の使い方は、簡易な物置として天井の上部を使うことで、はしごなどを用いて屋根裏にアクセスすることが主です。

ただ、制約上高さ1. 4メートルの物置でなければならないという問題があるため、実は物置としてみた場合、外部に物置を作る方がお得で、あくまで簡易な収納でしかないのが「屋根裏収納」の問題点になります。

「ロフト」と「屋根裏収納」の違い

「ロフト」「屋根裏収納」の違いは、多様性が求められた空間であるか、物置としてしか使用しない空間であるかです。

「ロフト」は多様性が許されているため、高さ1. 4メートルの子供部屋にすることが可能です。

ですが、「屋根裏収納」は収納ですので収納としてのみ使用します。

まとめ

「ロフト」「屋根裏収納」の違いは空間の有効活用法にあり、「ロフト」は実のところ高さ1. 4メートル以内であればどのような室内空間を作り出してもよいのです。

例えば、ゲームのコレクションルームだったり、隠れて漫画を読む秘密スペースなどに「ロフト」は改造できます。

ですが、「屋根裏収納」は目的が収納なので高さ1. 4メートルの収納スペースでしかなくこの制約がある高さの収納を収納スペースとするにはかなり難しい部分もあります。

その為、「屋根裏収納」を作り出すのであれば、あえて建物外部に収納となる物置を作る方が収納として機能する建物を作り出すことが可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典