スポンサーリンク

「ワイドショー」と「ニュース」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ワイドショー」と「ニュース」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ワイドショー」「ニュース」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ワイドショー」とは?

「ワイドショー」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ワイドショー」は、「wide」「show」が合体してできた言葉です。

テレビで放送される番組のジャンルの一つで、「芸能ニュースや、事件・事故など、いろいろな内容を盛り込んでいて、司会者が進行する形式のもの」を指します。

「ワイド」には「広い」という意味があるため、硬質なニュースだけでなく、様々な話題を取り扱うことになります。

例えば同じ日の番組の中でも様々な話題を取り扱い、芸能ニュースの次に、凄惨な連続殺人事件を扱い、動物の赤ちゃんの映像を流した後で、最新のコンビニスイーツについての情報を流すこともあります。

また進行役の司会者が定まっていて、ほとんどの場合、番組が続いている間に、入れ替わらうことがありません。

「ニュース」とは?

「ニュース」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ニュース」「news」が語源となっています。

「ニュース」には、「新しく一般的には知られていない出来事、情報」を意味します。

例えば、あなたの友達が結婚するという情報を、仲間内で最初に知ることができたとします。

この時、他の友達に情報を伝えるとき、「ニュースだよ!Aが結婚するってさ」などと言うことができます。

また「ニュース」には「新聞やラジオ、テレビなどでの報道」という意味があります。

テレビには、毎日決まった時間に放送される報道番組があります。

この番組や、番組内で報道されている内容を「ニュース」と呼びます。

「今夜も、午後9時からのニュースを見ないと」などという言い回しをすることができます。

「ワイドショー」と「ニュース」の違い

「ワイドショー」「ニュース」の違いを、分かりやすく解説します。

「ワイドショー」には、「芸能ニュースや、事件・事故など、いろいろな内容を盛り込んでいて、司会者が進行する形式のテレビ番組」という意味があります。

一方で「ニュース」には、「新聞やラジオ、テレビなどでの報道」という意味があります。

とても似た意味がありますが、「ニュース」「報道」に限って放送される傾向があり、砕けた話題は少ない傾向があります。

一方で「ワイドショー」は、硬軟様々な話題を詰め込む傾向があります。

このような違いがあるものの、「ワイドショー」「ニュース」の間には、様々なグレーゾーンの番組が多く、その境目が微妙になっています。

例えば、夕方の民放の「ニュース」番組は、「ワイドショー」的な要素が少なくありません。

まとめ

「ワイドショー」「ニュース」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な違いがあります。

しかし、テレビ番組としての「ワイドショー」「ニュース」には明確と呼べるほどの違いはないかもしれません。

実際にテレビを見て、視聴者がどちらなのか判断するといいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典