「ワンチャン」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ワンチャン」

ワンチャンはよく聞く言葉ですが、どういった意味や由来など詳しく知らないことが多いでしょう。

ワンチャンは日常生活でも使うことが多く、便利な言葉なので、覚えておくと普段の会話でも使うことができます。

ですが、内容によっては相手に嫌がられてしまうことがあるので、使う場所やシチュエーションには気をつけて使うようにしてくださいね。

「ワンチャン」

引用元:「ワンチャン」の意味とは?

「ワンチャン」の意味

ワンチャンの意味はもしかしたら、ちょっとしたら、ワンチャンスの略となります。 可能性は高くないけど、成功するかもしれないという期待を込めた気持ちを表現する用語です。 また、最近では現実の可能性が低くないことにも、特にワンチャンスというわけでもない場面でも使われるようになっています。 ただ、気をつけなければいけないのは、下ネタで使われる 「ワンチャン」ですね。 これは一晩だけの関係という意味があり、使い方を間違えると女性から嫌われてしまうので、女性の前では使わない方がいいかもしれません。 そして、ワンチャンよりもさらに可能性が高い用語としてチャンスが2倍の「ツーチャン」3倍の「サンチャン」または「スリーチャン」という言葉も見かけます。 もともとはマージャンに使われていた言葉で「ワンチャンス」といわれていたのを若者が 「ワンチャン」と略して広まったと言われています。

「ワンチャン」の言葉の使い方

英語のワンチャンスとはまったく違う意味で使われていることが多くどちらかといえば若者用語ですね。

また、ワンチャンは少し前からある言葉ですが、使い方が多種多様になってきており、広い意味で使われるようになりました。

ワンチャンといってもたくさんの意味があるので、どういったときに使うかを知っておくと良いですね。

「ワンチャン」を使った例文・短文

ワンチャンは使い方が幅広いのでどういったときによく使われるのか、どんな使い方があるのかを知っておくとさらに使いやすくなります。

使い方によってはまったく意味がわからないものがあるので、若者が使っているということが良くわかりますね。

では、どんな意味で使うかなどくわしく紹介します。

「ワンチャン」の例文1

「急げばワンチャン間に合う」

これは、ひょっとしたらで使う使い方です。

「可能性はゼロではない」というところから延長して「ひょっとしたら」「もしかしたら」という意味で使用します。

これは分かりやすい使い方なので意味がなんとなく分かりそうですね。

「ワンチャン」の例文2

「明日のサッカー、ワンチャン日本でしょう」

これは日本が勝つという意味で使われます。

この場合は「ひょっとして」「もしかしたら」ということではないので、注意が必要です。

これは、ひょっとして、もしかしたらがさらにワンチャンの他の意味で「大丈夫」も付随してその結果「勝つ」という言葉が連想され、この意味を使ったと言われています。

「ワンチャン」の例文3

「神様、ワンチャンお願いします。」

これが一番分かりやすい使い方で、そのままの意味で「もう一回だけチャンスをお願いします」というようになります。

そして、本来の英語にも一番近い意味で、誰が聞いても意味が分かるので一番使いやすい言葉になっています。

そこまで難しく考えなくても「チャンスを与えてください」という意味で使われています。