スポンサーリンク

「一個違い」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「一個違い」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「一個違い」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「一個違い」とは?意味

「一個違い」は、年齢や数字などが一つだけ違うことを一個違いと呼びます。

例えば、24歳と25歳では、その差は一つ違いになり、これを「一個違い」と表現します。

ですが、勘違いをしている方の中には、年齢であれば、24歳と14歳をあえて「一個違い」と呼んでいる方がいますが、これは正確には、10個年齢が異なるため「一個違い」にならず、どちらかというと一桁が異なるという違いになりますので「桁違い」と呼ぶのが正しいです。

「一個違い」の概要

「一個違い」という言葉は、数を個数で言い表す場合、何個違うかという言葉から生れた言葉です。

何故、年齢に使用されるようにもなったかというと、これは、個数=数の助数詞であるため、数を数えるための数え方に当たり、年齢も同様に、数を数えるという性質上、助数詞が適応できるという考えのもと、一個年下や年上と呼ばれるようになったとされています。

「一個違い」の言葉の使い方や使われ方

「一個違い」は数で表せるものが一つ違う場合に使用される言葉です。

数で言い表すことができればなんにでも応用でき、例えば人間の年齢も数で何歳であると記すことができるため、いくつ違いがあるかを述べる際、「一個違い」という言葉が成立します。

他にも、年齢以外であれば、宝くじなどの数字が当たり番号から一個差し引きした数であった場合も、「一個違い」が成立します。

逆に数で言い表すことが難しいものを、「一個違い」であると数を指定し言い表すことはできません。

「一個違い」の類語や言いかえ

「一個違い」の類語や言いかえは、「一つ違い」の他「ごくわずか」に紙一重などが言いかえ言葉に挙げられます。

「ごくわずか」は、異なる点が数字で言い表していませんが、少数であるとしますので言いかえ言葉として成立します。

なお、「一個違い」は大きく差が生まれた場合、「段違い」という言葉になり、これも言いかえ言葉としては、大きく的を外れるなどの言葉です。

なお、「段違い」とは、1から10の位があったと仮定した場合、1のものと10のものでは位が大きく異なるためこれを段違いと呼びます。

まとめ

「一個違い」とは、数を数えることができるもので一つだけ誤差があるものに対して使用されます。

通常は物のようなものを数える、助数詞になりますが、実は年齢を数える際にも、助数詞を使用してまるで物のように数えることができるため、年齢を数える際に一つ違いがあった場合、「一個違い」が成立します。

なお、「一個違い」は、一つだけずれが認められる場合、許される表現で、年齢が14歳と24歳で異なる場合、「一個違い」は成立せず、10の違いから見て一つ桁が上がることから「段違い」という表現で違いを示すのです。

これをさらに差が大きく広がっているとする場合は、「桁違い」という言葉を使用するか、「大間違い」とするのが望ましい日本語の表現です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典