スポンサーリンク

「一眼レフ」と「ミラーレス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「一眼レフ」と「ミラーレス」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

カメラを購入しようと売り場に行くと、「一眼レフ」「ミラーレス」のカメラが販売されています。

ですがこの言葉は結構見聞きするものの、違いが分からない人が少なくないです。

今回はそんな「一眼レフ」「ミラーレス」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「一眼レフ」とは?

「一眼レフ」とは、内部にミラーを搭載する事で実際に撮影されるイメージを光学ファインダーで確認可能なカメラを示す言葉です。

ミラーや光学ファインダーを構造に含むため、基本的に本体は大きめになります。

「ミラーレス」とは?

「ミラーレス」とは、内部にミラーと光学ファインダーが存在しないカメラを示す言葉です。

構造がシンプルな分だけ、本体は小さめで軽量の物が多くなっています。

しかも光学ファインダーの代わりに電子ビューファインダーが入っているので、仕上がりを確認しながら撮影可能です。

「一眼レフ」と「ミラーレス」の違い

「一眼レフ」「ミラーレス」の違いを分かりやすく解説すると、まずは大きさに違いがあります。

ミラーと光学ファインダーを内臓している分、「一眼レフ」の方が本体サイズがかなり大きめで重いカメラが多いです。

ただし「一眼レフ」の方がレンズの種類が多いので、拘りの写真が撮りやすかったりします。

まとめ

「一眼レフ」は内部にミラーと光学ファインダーが存在するため、本体は大きめです。

「ミラーレス」はミラーがないため、本体は小さく軽くなっています。

ただし「一眼レフ」の方が使用出来るレンズが多い分だけ、撮影の際に拘りを反映しやすいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典